患者さんからのお便り・メール――ジーンとなります

Pocket

  患者さんからのお手紙やメールの 133358954
一部を、ご本人さまの許可を得て以下に掲載します。

 

人間、誰でも手術は怖いものです。

もともと心臓や血管の手術を好んでいた方はおられません。

しかし病気の内容を理解し、考えて、より安全で長生きし、生活の質を上げるために敢然と病気に挑戦されたのが心臓血管外科の患者さんたちです。

私たちも全力をあげてこれに応えるよう努力して来ました。

 

そうした努力の中で、熱い感動を何度も頂きました。

152685623以下のお便りはそうした患者さんたちから頂いたお手紙やメールの一部です。

 

もともとコネも何もない状況でも一通のメールやお電話をきっかけにしてじっくりとそして何度も相談し、そこから生まれた信頼関係から手術へと進んで行ったケースが多くあります。

心臓手術のご相談はご遠慮なく。

 

ご参考になれば幸いです。

**********************

.

お便り 1 180684791関西から僧帽弁形成術のためハートセンターへ来院された30代の女性患者さんからのお手紙です Updated !!

 

お便り 2 開院まもないハートセンターで弁膜症手術を受けられた60代男性患者さんからのメールです

 

お便り 3 2008年春に緊急で救命手術(4度目の弁手術)を受け、元気になって頂いた京都在住の70代男性の患者さんからのお便りです

 

お便り 4  3年半前に冠動脈バイパス手術左室形成術(バチスタ手術と同じタイプの手術です)を受けて頂いた患者さんからのメールです 207799705

 

お便り 5  関西在住の 70代男性で他病院で2度の心臓手術を受けておられますが、昔の人工弁が血栓で動かなくなり(血栓弁)、ハートセンターで3度目の手術をさせて戴きました

 

お便り 6 腎機能障害のある86歳男性で、冠動脈バイパス手術と弁置換術を行った患者さんです

 

お便り 7 関西在住の60代の女性で、弁膜症と感染性心内膜炎のためハートセンターへ転院、手術を受け、元気に退院されました

 

お便り 8  4年前に171794069冠動脈バイパス手術左室形成術を受けられた64歳男性の患者さんからのメールです。大きな手術を乗り越えられ、元気で前向きな生活を送っておられることをうれしく思います。

 

お便り 9 手術ができないと言われて鹿児島から来院戴いた76歳の心房中隔欠損症肺高血圧症の患者さんの息子さんからです。皆で頑張って良かったとあらためて思いました。

 

お便り 10 狭心症のため血液透析が十分できなくなり、遠方からハートセンターまで ご来院戴いた77歳の患者さんの娘さんから

 

お便り 11 巨大な心臓腫瘍のため準緊急手術を受けられた69歳女性の患者さんからです。

 

お便り 12 複雑な僧帽弁形成172157327で元気になられた40歳代の患者さんからのお便りです。患者さんに勇気を頂いたケースともいえます

 

お便り 13 立派な病院でも心臓手術は不可、心臓も肝臓も腎臓もダメと言われた状態で来院され、手術ののち社会復帰された連合弁膜症患者さんです。患者さんと周囲のあらゆる人たちに感謝あるのみです。

 

お便り 14 もう長くは生きられないと言われて来院された狭心症虚血性僧帽弁閉鎖不全症コレステロール塞栓の患者さんです。痛みの強い病気のため本当によく頑張って下さったと頭が下がる思いです (Updated!!)

 

お便り 15 ワーファリンの要らない青春を目指して大動脈弁形成術を無事成功できた青年のご両親からのお便りです

 

お便り 16 将来の妊娠出産のため二度目の僧帽弁形成術を希望してこられ、複雑弁形成術を無事完遂できた若い患者さんからのお便りです (updated !!)

Haru_0282お便り 17 輸血ができない「エホバの証人」の患者さんが冠動脈バイパスの再手術を断られて来院され、無事手術にて元気になられました。その患者さんからの感謝状です。

 

お便り 18 他院で手術不能と言われて来院された ASOの患者さんです。冠動脈にも強い病気が見つかったためオフポンプ冠動脈バイパス下肢動脈バイパス2つ、そしてカテーテルによる腸骨動脈ステントにて元気になられました
 

お便り 19 70代の修正大血管転位症で高度な心不全の患者さんからです。2つの弁(三尖弁と僧帽弁)を治し、長年の不整脈(心房細動)もとることができ、すっかりお元気になって頂けました。生きることの意味、それをお手伝いできたことの喜びをしみじみと感じます

 

お便り 20 鹿児島在住の70代の女性患者さんのご家族からのお便りです。ペースメーHobby38 カーによる三尖弁閉鎖不全症のため肝硬変・肝不全となり危険な状態で飛行機来院されました。工夫を重ねた弁形成手術で元気になって頂きました

 

お便り 21 ハートセンターの開設第一例目の手術( 僧帽弁形成術 )を受けて下さった患者さんからのお礼状です。

 

お便り 22 冠動脈バイパス手術は腎不全・血液透析等の患者さんだけでなく、アスリートや怪我の危険性ある職業の方にも有利で安全な方法です。山登りやスポーツを楽しむためにも前向きにオフポンプ冠動脈バイパス手術を受けられた60代の女性患者さんからのお便りです

 

お便り 23 僧帽弁交連切開手術後20年の40代患者さん心臓手術は人生の中で大きな出来事です。ご家族皆でじっくり相談し、また私たち医師・医療者とも十分な話合いののち決断し、ともに頑張ることが 大切です。が九州から再手術を求めて来院されました。遠方のハンデを押してでも来て良かったと言って頂けるよう、チーム全員努力し、手術(僧帽弁置換術メイズ手術など)で心不全も不整脈も治り笑顔で元気に退院して戴きました。

 

お便り 24  大動脈弁狭窄症と冠動脈病変(狭心症)とHOCMをもった脳出血後の80歳女性がそのままでは危険な状態になったため、ご家族とともに手術を熟慮ののち決断されました。術後経過良好で有意義な時間をこれからすごされるでしょう。そのご家族からのお手紙です。

 

お便り 25; 以前手術させて頂いた患者さんのご家族が心臓病(連合弁膜症)になられ、手術を希望して遠方から来て戴きました。自分の家族をも任せて下さる、こうした患者さんとの心の絆をうれしく思います。
 

お便り 26; 関東の大手病院で2度手術を受けた患者さんが心房細動がどうしても治らないので手術を希望して来られました。心房細動やそれに対するお薬であるワーファリンの弱点を熟知して来られました。無事ご期待に 遠方からも来院いただき光栄なことです。 沿えてほっとしています。

 

お便り 27; 大阪から心不全の患者さんが来院されました。検査の結果、高度の収縮性心膜炎と判明し、手術にてお元気になられました。その患者さんのお母様からのお手紙です。

 

お便り 28; 心臓外科先進国シンガポールから名古屋まで冠動脈バイパス手術のために来て下さったエホバの証人の患者さんからのお便りです

 

お便り 29; これまた心臓外科先進国イギリスのスコットランドから僧帽弁形成術不整脈手術を受けるために来院して下さった患者さんからのメールです。よく勉強してから私たちを選んで下さったことを光栄に思います

お便り 30 Cgrt007-s ; 三重県からお越し下さった慢性腎不全・血液透析で狭心症の患者さんからのご家族からのお手紙です。冠動脈バイパス手術によって血液透析の患者さんはもっと安全・快適に、かつ長生きできるでしょう。

 

お便り 31; 熟慮を重ねたうえ大動脈弁形成術を受け、きれいに治り元気になられた20代の若者(大動脈二尖弁)の奥様からのお便りです。周囲の雑音に惑わされず自分の病気に正面から向き合い、自分の目と耳で調べ、健康を勝ち取られた勇気に敬意を表したく思います

 

お便り 32; 難治性(治りにくい)心房細動が原因で心筋症(頻脈誘導性心筋症)・心不全となりつらい毎日を送っておられた関東地方の患者さんが、ふとしたきっかけ(ツイッター)で知り合いになり、十分な相談と検討ののち強化メイズ手術で健康を回復されました。

この患者さんのツイッター集もあわせてごらんください。絶望的な状況から、家族の絆の素晴らしさと病気克服への有用さを実感することがよくあります悩み、考え、決断して獲得された健康は患者さんご自身が上げられた成果です。

 

お便り 33; 心内膜床欠損症という病気にもどづく僧帽弁閉鎖不全症と大動脈弁下狭窄症IHSSのため危険な状態となられた70歳近い患者さんが、ご家族の助けを得て持病の肺の病  気を見事に克服して手術で元気になられました。

 

お便り 34; 感染性心内膜炎と僧帽弁閉鎖不全症で脳梗塞を合併した広島県在住の60代患者さんの御家族からのお便りです。驚き、苦しみから立ち上がり、決意・実行し、そして病気の克服へと向かわれた患者さんとご家族に頭が下がります

 

お便り 35;  エホバ証人大動脈弁狭窄症の患者さんが来院されました。術前に貧血が強かったため、解決してから大動脈弁置換術を行い、首尾よく軽快・退院されました。

 

お便り 36みんなで力を合わせて頑張りましょう。やや不便な遠方の山間部から大動脈弁狭窄症の患者さんが来院されました。この弁膜症を十分勉強し、私たちを選んで下さったことを光栄に思います。

 

お便り37: 9年前、京都にて比較的大きな手術をさせて頂いた大動脈二尖弁と上行大動脈瘤の患者さんが、弓部大動脈瘤大動脈基部拡張のため名古屋まで来られました。速やかに手術しまもなく元気に退院されました。患者さんと長年のお付き合いができる信頼関係を誇りに思います。
183227981

お便り38: 関東の患者さんからお便りがありました。過去に東京で2度僧帽弁の手術を受け、最近までお元気にしておられましたが、人工弁の周囲が漏れ出し、溶血で毎月輸血を受けざるを得なくなり、かといって手術は危険ということで困り果てて連絡を取ってこられました。僧帽弁の再々手術で無事健康を回復されました。

 

お便り39: 他府県から来られた右室二腔症心室中隔欠損症の患者さんが手術で全快されて1年後にくださったお便りです。永い間の苦悩の末、手術を決意し、頑張って完治して下さったことに敬意を表したく思います。
037

お便り40: 大動脈二尖弁で昔、他病院で大動脈弁置換を受け、後年、胸部大動脈拡張(大動脈瘤)になって来院された患者さんです。上行大動脈と弓部大動脈置換術にて元気に退院されました。二尖弁の患者さんは大動脈の健診(CTで快適に)が安全上勧められます。

 

お便り41: 慢性腎不全・血液透析の患者さんが狭心症を発生し、大阪から来られました。オフポンプ冠動脈バイパス手術にてお元気に退院され、お役に立ててうれしく思いました。血液透析でも永く元気に生きられるようになりつつあります。

 

お便り42大動脈二尖弁のため大動脈弁狭窄症と閉鎖不全症を発症し、大動脈弁形成術を受けられた若者のご家族からのお便りです。九州からおいで戴きました。弁も心臓も良くなりお元気に社会復帰していただき、うれしいことです。

 

お便り43Ilm16_aa05015-s :乳がんの手術後、やっと落ち着いたところで、不運にも心臓腫瘍がみつかり、来院されました。このあたりで疫病神を追っ払い流れを変えようと、完全切除・再建しお元気に退院されました。MICS(低侵襲小切開手術)に準じた形で手術しました。

 

お便り44:大動脈二尖弁上行大動脈瘤の手術を受けられた若者とそのお母様からのお便りです。遠方から来て下さいました。永い葛藤の末、決意し、健康を取り返されました。私たちを信頼して頑張って下さったことをうれしく思います。

 

お便り45: 僧帽弁形194427902成術とメイズ手術を受けられた80歳代女性患者さんからのお便りです。まだまだ現役、前向きに行きたいと希望し遠方からお越しいただきました。しっかりとした足取りでまもなく元気に社会復帰されました。

 

お便り46: 遠方からご自分の信念で来院下さった70歳代患者さんからお便りです。正中MICSという創を小さくする方法で僧帽弁形成術三尖弁形成術メイズ手術を受け、元気に退院されました。

 

お便り47: 大動脈解離が長期化し、大きなこぶ(慢性大動脈解離)になって来院されました。以前の病院では手術拒否しておられましたが、こころがつながると前向きに取り組んで下さり、大きな手 術(弓部大動脈全置換術現在の大動脈弁ミックス)もスムースで元気になられました

 

お便り48: ミックス手術つまり低侵襲小切開手術をもちいた大動脈弁置換術で術後まもなく海外旅行や仕事復帰をされた患者さんからのメール集です。

 

お便り49: 大動脈弁狭窄症それも重症で突然死の恐れがある患者さんが年末に来られました。すみやかに手術し、まもなく元気に退院され、念願であったお孫さんの結婚式に間に合いました。そのご家族からのメールです。

 

お便り50:  179394527大動脈二尖弁による大動脈弁閉鎖不全症と上行大動脈瘤の、比較的お若い患者さんがメールを送ってこられました。じっくりと相談し、現時点で考えられる一番良い短期的・長期的治療法を行うことができました。MICS法で創も小さくできました。その患者さんからのメールです。

 

お便り51: 大動脈弁人工弁の機能不全と三尖弁閉鎖不全症のため肝硬変があるにもかかわらず再手術を受け、見事に乗り切って健康を勝ち取られた九州の患者さんからのお便りです。本当によく頑張って下さったと、今も熱い想いでいっぱいです。

Health_0077

お便り52: 関東の病院で死亡率50%と言われた慢性腎不全・透析連合弁膜症石灰化大動脈の患者さんの娘さんからのお便りです。厳しい状況の中でも笑顔で頑張ってくださったこと、誇らしく思います。

 

お便り53: 修正大血管転位症に三尖弁閉鎖不全症を合併し心不全になったため近 畿から来院され、三尖弁手術を受けられた患者さんのご家族からのお便りです。永く元気に生きて頂けるよう、地元の病院と協力しながら治療を続けて行きます。
202507969

お便り54: 僧帽弁閉鎖不全症に対してポートアクセス法での僧帽弁形成術を受けられた関西の若者のお母様からのお便りです。しっかりと勉強され、そのうえで私たちを選んでくださったことを光栄に思います。

 

お便り55: 冠動静脈ろうの手術を受けられたエホバの証人の信者さんからのお便りです。輸血ができないというのは心臓手術には厳しい条件ですが、無駄のない手術と徹底止血で対処できました。

 

お便り56: 大きな心室中隔欠損症肺動脈弁狭窄症のため心臓手術を受けられたエホバの証人の患者さんからの礼状です。手術を決心するまでの苦しさと手術後のよろIlm17_bc03015-sこびが感じられ心を打ちます。

 

お便り57: 上行大動脈置換術後に二尖弁大動脈弁狭窄症となったため遠方から米田正始の外来へこられました。癒着は高度でしたが、さまざまな工夫を凝らして患者さんは元気に退院されました。

 

お便り58: 上行大動脈に石灰化のある血液透析中の80歳近い患者さんが心臓弁膜症の再手術を受けられました。高いリスクをはねのけ、元気に退院していただきうれしい限りでした。

 

お便り59: 東日本大震災の被災地支IMG_0754b援へ。ポートアクセス法(右写真)の僧帽弁形成術を受けられたエホバの証人の患者さんからのお便りです。こうした素晴らしい方の手助けや支援ができたことを光栄に思います。

 

お便り60: 生体弁でのベントール手術後10年の患者さんのご家族からのお手紙です。お元気でなによりですが、後年そのご主人様も同様の手術をさせていただき、信頼して頂けることをこのうえなくうれしく思います。四国在住ですが、今も定期健診に来てくださいます。

 

お便り61: ミックス法でのデービッド手術をもとめて三重県からお越し下さった患者さんからのお便りです。患者さんやご家族が自ら勉強し、信念をもって希望の医師・病院を探してきて下さったことを光栄に思います。

 

Ilm09_ak02012-sお便り62: ミックス僧帽弁形成術冠動脈バイパス手術 等を受けた若者患者さんからのお便りです。みずから妥協せず、希望する手術を求めて調べ動き、そして健康を勝ち取られたこと、素晴らしいと思います。

 

お便り63: ポートアクセスによる僧帽弁形成術それも複雑な弁形成術を受けられた患者さんからのお便りです。比較的遠方からお越し下さっただけに、お役に立てて、うれしい限りです。

 

お便り64: 重症の連合弁膜症のため九州から来院された患者さんのご家族からです。お役に立てて幸いです。

 

お便り65: ポートアクセス法僧帽弁形成術を受けられた関西の患者さんからのお手紙です。良い治療法を待ちわびておられただけに喜びもひとしおのようでした。頼りにしていただいて、これほどうれしいことはありません。

 

お便り66バルサ Ilm09_aj06018-sルバ洞の破裂のため北関東から来られた患者さんからのお便りです。無事にバルサルバ洞や心室中隔欠損症も治り、大動脈弁も人工弁による弁置換を回避したうえにミックス手術で小さい創になりよろこんで頂けました。

 

お便り67: 右室二腔症ミックス手術を受けられた群馬県の患者さんからのお便りです。熟慮の末、決意し、頑張って健康を勝ち取られたことを立派に思います。これから楽しい人生を送って下さることでしょう。

 

お便り68: ポートアクセス法の僧帽弁形成術を受けたバーロー症候群の患者さん。難易度の高い2つの方法が同時に安全にできるようになりました。よろこんで戴けてうれしいかぎりです。

 

お便り69: 心膜のう腫という心臓腫瘍の患者さんで、エホバの証人の信者さんのため他院で手術不可と言われて来院されました。のう腫は完全に取れ、手術は成功しお元気になられました。

ILM07_AA12014お便り70: 自己心膜大動脈弁形成術(再建術)ミックス法で受けた患者さん。弁形成ができないほど弁が壊れていましたが、もとの弁に近い、自然な弁になりました。

 

お便り71: ミックス手術大動脈二尖弁の形成を受けた15歳の患者さん。これからの健康で楽しい学生生活と将来の妊娠出産を考えて大動脈弁形成術を行いました。その決断には敬意を表したく思います。

 

お便り72: 二弁置換メイズ手術という比較的大きな手術をミックス手術にて受けられた患者さんからのお便りです。より多くの、さまざまな病気の患者さんにミックス手術の恩恵が届けばうれしいことです。

 

お便り73: リウマチ性連合弁膜症心房細動ミックス手Ilm08_cf05003-sで克服した患者さんからです。遠方から来たかいがあったと言われて良かったです。

 

お便り74: 僧帽弁閉鎖不全症などのためポートアクセス法(ミックス)での僧帽弁形成術を受けられた大阪からの患者さんです。少々のことではゆるぎない健康を勝ち取られたことをうれしく思います。

 

お便り75: 大動脈弁の複雑な再手術を受けられた三重県の患者さんからのお便りです。そのあと、患者さんの息子さんまで心臓手術をお任せいただき、厚く信頼して戴いたことを光栄に思っています。

 

Tl_l315c-sお便り76: 下行大動脈瘤のため来院されました。ステントグラフト(略称EVAR)を使えないタイプでしたので通常の手術で元気になられました。心配しておられた脊髄マヒもまったく問題なく順調です。

 

お便り77: 大動脈弁狭窄症エホバの証人の患者さん。心臓も肺も悪く輸血もできないという厳しい状況でしたが、うまく打開できました。

 

お便り78: ベントール手術ミックス法(小切開手術)で受けられた若い患者さん。山口県からお越し頂きました。お役に立てて幸いです。

 

お便り79: バルサルバ洞瘤の再破裂のため大阪から来られた患者さん。大動脈基部再建や大動脈弁形成術などのさまざまなノウハウを駆使した再手術で元気になられました。

 

お便り80: 大きな脳梗塞という Ilm08_bd04006-s状態の中から大きな弁膜症再手術を乗り切った患者さんから、7年目のお便りをいただきました。

 

お便り81: 大動脈二尖弁のため、上行大動脈瘤大動脈弁閉鎖不全症、そして感染性心内膜炎のため僧帽弁閉鎖不全症を発生した若い患者さん。ミックス手術で快調に。

 

お便り82: 3度目の心臓弁膜症手術のため遠方からお越しくださった患者さんからの礼状です。信頼にお応えでき、うれしい限りです。

 

お便り83拡張型心筋症とそれに合併する機能性僧帽弁閉鎖不全症の手術を受け、その後のお薬治療での粘りもあって健康者レベルの心臓になられた患者さんからのお便りです 

Ilm23_hh03006-s

 

お便り84:弓部大動脈の嚢状瘤に対して弓部大動脈全置換術を受けられた患者さんからです。大きな手術ですが、経過順調ですぐ元気に退院されました。

 

お便り85ポートアクセス僧帽弁置換術を受けられた遠方の患者さんからのお便りです。リウマチ性弁膜症も治療の選択肢が増えました。


お便り86: 虚血性僧帽弁閉鎖不全症再々手術を受けに沖縄からお越し下さった患者さんからです。命がけのフライトと入魂の手術でした。こちらこそお礼を言いたいほどの喜びを頂きました。

 

お便り87: ミックス法自己心膜大動脈弁形成術(再建術)を受けられた患者さん。遠方からお越し頂くだけのものを提供できてうれしく思います。

 

お便り88: オフポンプ冠動脈バイパス手術後、旅先の北欧からの絵葉書です。せっかくの長持ち手術のあとです、元気に楽しく過ごしてください。
Ilm2007_01_0752-s

 

お便り89僧帽弁閉鎖不全症心房中隔欠損症エホバ信者さん。工夫してミックスで手術しました。

 

お便り90: 肝機能障害のある三尖弁閉鎖不全症にミックス手術を行い少ない苦痛で体力を回復されました。

 

お便り91: 他府県の大学病院で弁形成困難と言われてこられた患者さんです。ミックス法僧帽弁形成術心房縮小メイズにて弁も不整脈も治りました。絆をうれしく思います。

 

お便り92ポートアクセス法大動脈弁置換術を希望して来られた患者さんです。発表会に間に合うように素早い回復の手術を心掛けました。

 

お便り93: 地元A301_048の一流病院で心臓手術不成功。それから来院され、再手術でお元気になられた僧帽弁置換術の患者さんからです。

 

お便り94: 東京から来られた患者さんで、ポートアクセス法による大動脈弁置換術を受けられました。ほとんど見えない創、少ない痛み、早い仕事復帰でよろこんで頂けました。

 

お便り95: 危険な状態で来院され、心臓手術によって元気になられた修正大血管転位症の少年とお母さんからのお便りです。ほんとうによく頑張ってくれたと思います。こちらこそ感謝しています。

 

お便り96: 感染性心内膜炎(IE)による僧帽弁閉鎖不全症に対してポートアクセス法で僧帽弁形成術を行った40代女性患者さんからのお便りです。患者さんの満足度が年々上がって行くのはうれしいことです。154411073

 

お便り97冠動脈瘤のため瘤閉鎖と冠動脈バイパス手術 を受けられた患者さんからです。こころの絆をうれしく思います。それがあって初めて手術も治療も意義深いものになるでしょう。

 

お便り98バーロー症候群の僧帽弁閉鎖不全症に対してポートアクセス法で僧帽弁形成術を行った患者さんのエッセイです。中日新聞に掲載されました。早い仕事復帰のお手伝いができてうれしいことです。

 

お便り99171542741虚血性心筋症への手術後7年、新たな大動脈弁閉鎖不全症のため3つの弁がやられ心不全になって、また私のところへ遠方から来てくださった患者さんです。7年間の成果を結集した手術で、お元気になって頂きました。心の絆に感謝です。

 

お便り100: 院内である意味患者さんにもっとも近い位置におられるお掃除のおばさんたちからのお手紙です。名古屋で5年間お世話になりありがとうございました。

 

お便り101心内膜床欠損症(ECD)の僧帽弁閉鎖不全症に対して

Hobby39僧帽弁形成術を行った患者さんからです。信念をもって、周囲の雑音に惑わされず、病気と向き合って下さったことを誇らしく思います。

 

お便り103僧帽弁形成術を胸骨部分切開というMICS法で行った患者さんからです。

肺も守ることができ弁もすっかり良くなりました。きれいな創や痛みの軽減だけでなく肺を守るMICSもあるのです。

 

お便り104大動脈弁狭窄症のためサイクリングができなくなった患者さんがポートアクセスの大動脈弁置換術で見事にアスリート生活に復帰されました。

 

お便り105感染性心内膜炎のため僧帽弁閉鎖不全症が悪化し、遠方から転院して来られました。

ポートアクセス法の僧帽弁形成術にて完治し元気になられました。

 

お便り106人工弁感染性心内膜炎 114022120のため北海道から来院下さった患者さんです。大動脈基部膿瘍まで起こしていましたが、きれいに治りました。

 

お便り107収縮性心膜炎を合併した慢性腎不全・血液透析の患者さんです。ポートアクセスのMICS手術でお元気になられました。

 

お便り108ポートアクセスMICSにて僧帽弁大動脈弁の手術を受け、まもなく仕事復帰された関東の患者さんからのエールです。長期のライフプランのもと、ワーファリンも再手術も回避しやすい戦略が患者さんを助けます。 201722066

 

お便り109: 巨大な心房中隔欠損症三尖弁閉鎖不全症のためポートのMICSで根治術を受けられた患者さんからです。

早い職場復帰が果たせてうれしいことです。

 

お便り110: ポートアクセス心房中隔欠損症の閉鎖と三尖弁形成術とメイズ手術を受けられた患者さんです。

岐阜県からお越し頂きました。ブログから引用とリンクさせて頂きました。その後くわしい記事も追加されました。

A301_075
お便り111: 世にも珍しい心臓腫瘍をMICS手術で無事完全切除。

元気に社会復帰された患者さんからです。

 

お便り112: ポートMICSでの僧帽弁形成術で早いゴルフ復帰へ。

じゅうぶん調べ考えぬいて、九州からお越しくださいました。春になるのが楽しみですね。

 

お便り113: 5回目の心臓手術と2つの大きなハ199203992ンディを乗り越えて。

覚悟と決意、そして信頼。患者さんの頑張りが私たちを奮い立たせ最高の結果をもたらしてくれました。

 

お便り114: 92歳でも大動脈弁狭窄症を克服。すっかりお元気になられて皆よろこんでいます。

.

お便り115: MICSの僧帽弁193578782形成術で健康を回復。以前の病院では胸の真ん中の大きな傷跡で、しかも人工弁でと言われていたところからのスタートでした。

 

お便り116MICSの複雑三尖弁形成術ですっかりお元気になられました。

 

お便り117: 肥大型心筋症HCMと好酸球増多症のため高度の肺高血圧ジョギングhealth_0098と2弁逆流という危険な状態となり来院されました。そこから粘り強く頑張り、手術に持ち込んで元気な生活を取り返された患者さんです

 

お便り118: 東日本大震災の最中に僧帽弁閉鎖不全症を指摘され、ハートセンターにてMICSの僧帽弁形成術をさせて戴いた患者さんからです。素早い回復でまもなく社会復帰されました。お元気にご活躍のご様子でなによりです。ハーフマラソン楽しんでください。

 

お便り119: 10年前、京大病院にて難手術を乗り越えられた患者さんからお手紙を戴きました。大きな脳梗塞後の状態でしたがあきらめず、再手術の僧帽弁置換術や大動脈弁置換術、メイズ手術などによって危機を脱出して楽しい生活や人生を取り返されたこと、素晴らしいと思います。

 

お便り120: マレーシアからお越し下さったエホバの証人の信者さんです。僧帽196870448弁閉鎖不全症に対してMICS僧帽弁形成術をおこないました。強い絆を持つことができてうれしいことです。

.

お便り121: 二尖大動脈弁弁形成で克服した中学生患者さんからのお便りです。つらい中をよく考え、自ら決心して下さったと思います。小さい、外からあまり見えない傷跡はそのご褒美ですね。

.

お便り122: 心筋梗塞の手前で無事、冠動脈バイパス手術で事なきを得た患者さんのご家族からのお手紙です。お迎えに参上したときから心の絆ができていたこと、うれしい限りです。

 

お便り123: 地元の専門病院ではこの日本で無理と言われた複雑僧帽弁形成術を求めて来院された患者さんです。患者さんの熟慮と決断で道が開けたと思います。210368383

 

お便り124: 心房細動で巨大左房に血栓が多量あり、地元で手術はできないと言われて来院されました。障壁を超えて心房縮小メイズ手術にて回復されました。

 

お便り125: 勇気を出してMICSの僧帽弁形成術を決心された若い女性患者さんから。心臓手術で得られた健康はあなたの決断の賜物です。

.

 Heart_dRR
お問い合わせはこちらまでどうぞ

.

.

Pocket

Comments

  1. Alice says

    6months have past since my heart valve replacement operation at Kansai Heart Center, Nara prefecture.
    The operation is successful, thanks to the chief surgeon, Dr.Komeda and your team of abled surgeons.
    My health has returned to normal and my hobby now is to take a stroll everyday and hope to return to my home country in the near future.
    I wish to convey to the international community in Kansai this information that the 4 surgeons had overseas experience
    and they are speaking English very well so that my stay at the hospital is very comfortable.
    Also nurses are well-trained.
    I am really grateful to all the staff at the Kansai Heart Center and last but not least Thank you again for restoring a new life for me.
    From Alice

  2. あん says

    私はyoutubeで世界のスーパードクターというので米田さんの心臓の手術を拝見させてもらいました。
    私は医者になるのが夢です。
    とても米田さんみたいなたいへん素晴らしい医者になりたいです。
    とても尊敬しています。