日本マルファン協会での講演と質疑応答―どしどし意見交換を

Pocket

2010年8月8日に名古屋市で日本マルファン協会にて講演をさせていただきました。

Cj009b-s た講演にひきつづき、自由に質疑応答や歓談を行う機会がありました。

それらはJAMAA 同協会会報の2010年12月11日号に掲載されました。

当日ご参加できなかった方々にもご参考になるかもということで、

日本マルファン協会のご許可を得てここに整理編集ののち再掲載いたします。

 .

多数の方々のご参加を得て、さまざまな疑問・質問や悩み相談を戴きました。ilm09_ba01018-s

医師として信頼をして頂ける、こんなにうれしいことはありません。

またその質疑応答や相談によって

その後の健康が回復あるいは確保されたことを知るたびに、大きなよろこびを感じます。

 .

今後もどしどし意見交換をやりましょう。

 .

1.大動脈瘤とマルファン症候群についてへ進む118647835

2. 大動脈解離と同症候群について へ進む

3. 心臓弁膜症について へ進む

4. 心房細動について へ進む

5. ステントグラフトについてへ進む

6. 緊急治療・救急について へ進む

7. セカンドオピニオンについて(日本マルファン協会での講演から) へ進む

8. その他(同協会での講演から) へ進む

.

「大動脈疾患」 のページの 5c)日本マルファン協会での講演と質疑応答から のページにもどる

「心臓弁膜症」 ページの質疑応答から のページにもどる

「よく戴くご質問」ページの質疑応答から のページにもどる

 

Heart_dRR
お問い合わせはこちら

pen

患者さんからのお便りのページへ

.

 

 

Pocket