失神――ほうっておくと命にかかわることも

Pocket

失神は危険な症状です。

失神を起こす原因には

心臓、脳、腹部内蔵、その他さまざまな病気や状況が考えられ Ilm09_ad06001-s ます。

そのままでは命の危険があることも多く、

とくに以下の状況では直ちに病院へ直行してください。

意識が戻らず、様子がおかしいときには救急車で。

救急車とはこうしたときのためにあるのです。

 .

1.とくに危険なもの

意識を失う(失神発作)ときに周囲の方が見て

胸が痛い様子であれば、

心筋梗塞などの恐れがありただちに循環器科、救急科、心臓外科がある病院へ

 .

失神発作のとき、お腹が苦しそうであったならば、

胃腸や食道から多量に出血している恐れがあり

直ちに病院へ。消化器科、(腹部一般)外科、救急科などで。

 .

失神発作のとき、入浴や排便の最中であったり、

意識を失う前に嘔吐や強い頭痛があったようなら、

脳卒中の恐れがあります。けいれんがあることもあります。

直ちに病院へ。脳神経外科、神経内科、救急科など。

 .

意識を失うとき、けいれんを伴っていれば、てんかんの恐れがあります。

直ちに病院へ。神経内科、脳外科、救急科などで。

 .

失神発作のときに冷や汗や顔面蒼白などがあったり、

それまでに糖尿病でインシュリン注射や薬を飲んでいたら、

低血糖発作の恐れがあります。直ちに病院へ。

内分泌代謝内科、内科、救急科などで。

 .

意識を失う前に嘔吐や強い頭痛があり、

首筋の筋肉が硬く突っ張ったり高熱があれば、

髄膜炎や脳炎、脳膿瘍などの恐れがあります。

直ちに病院へ、神経内科、脳外科、救急科などで。

 .

激しい下痢や嘔吐のあとで意識がなくなるか薄れるなどのときは、

食中毒、赤痢、急性胃炎などの恐れがあります。

直ちに病院へ、内科や消化器内科、腹部一般外科、救急科などで。

 .

意識がなくなった方が、過去に頭部の外傷を受けたことがあれば、

脳外傷の後遺症の恐れがあります。直ちに病院へ、脳神経外科など。

 .

内蔵たとえば肝臓、腎臓、肺、膵臓の病気などの既往があれば、

それらの悪化の恐れがあります。直ちに病院へ、内科など。

 .

暑い季節や状況とか強い日差しの中で意識を失い、

顔色は悪く手足が冷たくなっているときは、熱中症の恐れがあります。

直ちに病院へ。救急科などで。

.

以上、さまざまな状況に応じて取るべき方針をお書きしました。 163

しかし、いざその時になりますと、動転し、頭の中が真っ白になるものです。

そういう「わけがわからない」状況のときには、救急車を呼んで、近くの救急病院へ行って下さい。

もしあれば救急救命センターなどのしっかりしたところが良いでしょう。

日頃からこういう場合はここ、というご自分の救急病院を持っておく、考えておくのが賢明です。

.

2.その次に危険なもの

以下の状況では1.の失神発作よりは多少の時間的余裕はありますが、

なるべく早めに病院へ行き、原因をつきとめるようにして下さい。

 .

意識の消失(失神発作)がごく短時間で、

40歳以上とか糖尿病などの持病がある場合は、

脳血管の狭窄(狭くなること)や不整脈(脈が極端に遅くなったり速くなるとき)、低血糖発作などの恐れがあります。

内科、循環器内科、神経内科、救急科などで。

 .

短時間の意識消失で40歳未満ならてんかんやヒステリーなどもあり得ます。

まず内科や神経内科へ。

 .

立ち上がったり長時間立っているときに意識を失い、

薬の服用後であれば、精神安定剤(トランキライザー)や高血圧のお薬(血管拡張剤、利尿薬、など)が原因のこともあります。

お薬を出している担当医にご相談を。

 .

上記で薬を飲んでいないときは、

貧血や起立性低血圧、動脈硬化などの恐れがあります。内科や循環器内科へ。

.

失神発作は危険な症状ですが、治せることが多いため、ぜひ早めの行動をお願いします。

.

Heart_dRR
心臓手術や血管手術のお問い合わせはこちらへどうぞ

 

pen

患者さんからのお便りのページへ

 

症状さくいんのトップページへもどる

 .

 

Pocket