12.お薬の知識

Pocket

現代は多くの優れたお薬があり、患者さんにとって大きな力となっています。

しかしどんなに立派なお薬でも副作用はあり得ますし、

正しく使うことが何より大切です。

以下の解説がそのために役立つことを期待しています。

何か疑問や心配が生じたら、

処方してくれた医師に早めにご相談することも忘れないようにお願いします。

 

アンギオテンシン受容体ブロッカー(ARB):高血圧や心不全などにやさしくじわりと効きます

 

引き続き工事中です

Heart_dRR
心臓手術のお問い合わせはこちら

pen

患者さんからのお便りのページへ

.

Pocket

----------------------------------------------------------------------
執筆:米田 正始
医誠会病院スーパーバイザー 仁泉会病院心臓外科部長
医学博士 心臓血管外科専門医 心臓血管外科指導医
元・京都大学医学部教授
----------------------------------------------------------------------
当サイトはリンクフリーです。ご自由にお張り下さい。