僧帽弁形成術とは

Pocket

  • 僧帽弁形成術とは:

    病気で壊れた僧帽弁を修復して治す手術です。人工弁と比べて大きな利点があります。

MICSの僧帽弁形成術:

小さい見えにくい傷跡で、骨も切らずに、痛みも少なく、手術ができます。しかし、

将来、妊娠・出産をお考えの患者さんに:

弁形成の成功が人生を変えます。人工弁を使う弁置換術とは大きな大きな差ができるのです。

shutterstock_122724106

バーロー症候群と言われたら:

一般には弁形成が難しいと言われますが熟練外科医ならできるのです

心不全にともなう機能性僧帽弁閉鎖不全症では?:

そのための弁形成術が威力を発揮します。虚血性僧帽弁閉鎖不全症も同様です。

拡張型心筋症などが合併した機能性僧帽弁閉鎖不全症でも:

低侵襲左室形成術や心不全管理の進歩などもあり、形成できるケースがさらに増えました。

より進化したMICSの僧帽弁形成術:

傷跡がより見えにくく筋肉もより温存します。複雑な弁形成術もその多くはMICSでできるのです

MICSにかかる費用は:

余分な出費はありません。これがロボット手術等との違いです

僧帽弁閉鎖不全症に心房細動が合併したら?:

MICSのメイズ手術が活躍します。特に心房拡張で困っている方にも役に立つかも知れません。

再手術の僧帽弁形成術は:

元の病気の状態や、前回手術の内容によっては難しいケースもあります。弁が少々壊れていてもいろんな方法を駆使し、形成できるケースが増えました。まずは相談です。

感染性心内膜炎でも:

弁全体が壊れるなどの場合は難しいことがありますが、弁形成できるケースは多いです

(参考になりそうなページを心臓弁膜症の基本ページから抜粋しました。それぞれの前後のページもご参照ください。

また患者さんたちの生の声も下記で御覧ください)

.

Heart_dRR

心臓手術のご相談はこちら

患者さんからのお便りはこちら

.

Pocket