いい心臓・いい人生 【第130号】 関西胸部外科学会にて

Pocket

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
いい心臓・いい人生 【第130号】 関西胸部外科学会にて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行:心臓外科手術情報WEB
http://www.shinzougekashujutsu.com
編集・執筆:心臓血管外科専門医・指導医 医学博士 米田正始
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

降ったり晴れたりという天候のこの頃ですが、皆様如何お過ごしでしょうか。
私はこの6月14日に関西胸部外科学会のため、徳島へ行って参りました。
本来は委員会なども含めると3日間参加するのが普通なのですが、病院の仕事が
忙しく、1日だけの参加になりました。

.

この学会は地方会とはいえ、西日本のほぼ全域をカバーする立派な学会です。
しかし昨今の心臓外科の若手育成政策に乗っかって、若手のための症例報告の
センションが近年増え、1日目の大半はそうしたセッションでした。
マイホーム主義に陥りがちな若手のモチベーションを上げ、学会という切磋琢磨
と友情の場へ彼らを誘うという意味で大変好ましいことと思いました。

.

私は病院内の仕事に追われ、2日目だけの参加となりました。
午前中の僧帽弁形成術Redo(再手術から学ぶ)シンポジウムでは面白い発表が続き
ましたが、私は10年間で300例近い僧帽弁形成術の中で16例のRedoの検討を
行いました。そのうち10例は前回手術は他病院で施行されたもので、前回手術の
問題点と再手術時の工夫、そして前回つまり初回手術をどうすれば成功したかに
ついて発表しました。

.

例えば前回、他院での人工腱索の長さが間違っていたとか、前回バタフライ
(砂時計)形成の時に大きく切除しすぎて弁尖が足りなくなっていたとか、他院
でリングをつける位置が間違っていたなどですね。
また虚血性MR、機能性MRで前回手術ではMAPつまり弁輪形成しかされておらず、
私が再手術する時に乳頭筋前方吊り上げ(PHO)を施行してうまく行ったという
ケースが4例もあったことなどをご紹介しました。

.

さらに若い患者さんで前回手術が幼少時にKay-Reed法で成人してから再弁形成を
求めて私の病院へ来られたケースをご紹介しました。結構複雑な手術となり、前尖
と後尖それぞれに人工腱索4本ずつを立て、さらに後尖のパッチ拡大とリングで
逆流はうまく制御されました。幼少時の弁形成は大変良かった、弁置換術より
ずっと良いこともお話ししました。

.

午後のMICSミックスの会長要望セッションでは、私がこれまで使ってきたアプローチ
について検討しました。

.

僧帽弁形成術では右前小開胸でも手術はできますが、メタボなどで視野が悪い患者さん
でも手術がしやすい腋窩下部へと進んで行った経過をお話ししました。MICSの初心者
はどうしても浅い視野を求め、弁に少しでも近づこうと前開胸になりがちですが、それ
ではかえって手術の質を低下させると言うわけです。

.

大動脈弁形成術では弁置換術で経験のある腋窩下部からスタートしましたが、上行
大動脈置換などにも対応しやすい第三ろっ間前開胸へ移行しつつあることも紹介しま
した。
三尖弁形成術特に複雑形成術では複数の角度から弁の観察ができる右前小回胸が良い
ことを報告しました。コーン手術や心室中隔欠損症VSDなどもこの方法で行なっている
ことをご紹介しました。

.

MICSも他の心臓手術と同様、レベルが上がれば上がるほど、その方法も変化し、より
応用性の広い、発展性のあるものへと進化すると言うわけです。

これらの発表とディスカッションで多くの意見交換や学びを得たのは幸いでした。

.

また心室中隔穿孔VSPのセッションでKomeda-David法と呼んで頂いているExclusion法
の最近の展開のご発表が浜松医大からあり、コメントをさせて頂きました。光栄なこと
でした。

.

徳島では観光する時間が全く得られず、トンボ帰りの参加でしたが、高速バスで鳴門海峡
や瀬戸内海、淡路島や水の都徳島の景色を楽しむことができ、徳島での学会に感謝する
ひと時でした。阿波踊りの練習の音が聞こえていたのも情緒豊かでした。

充実した学会を主催運営された徳島大学の北川教授と教室員の皆様、素晴らしい学会を
ありがとうございました。お疲れ様でした。

.

令和1年6月22日
.
医誠会病院心臓血管外科スーパーバイザー
心臓血管外科専門医・指導医
米田正始 拝
.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright (c) 2009 心臓外科手術情報WEB
http://www.shinzougekashujutsu.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Pocket

----------------------------------------------------------------------
執筆:米田 正始
医誠会病院スーパーバイザー 仁泉会病院心臓外科部長
医学博士 心臓血管外科専門医 心臓血管外科指導医
元・京都大学医学部教授
----------------------------------------------------------------------
当サイトはリンクフリーです。ご自由にお張り下さい。