心不全パンデミック

Pocket

⬛︎パンデミックとは?

.

病気が伝染病のように国中に広がることをパンデミックと言います。

大昔たとえば中世のヨーロッパなどではペストや天然痘などの病気で何百万人、何千万人の方々が亡くなった時代があります。これがパンデミックの一例です。

もう手がつけられない、どんどん人が死んで行く、それがパンデミックの世界なのです。

.

⬛︎心不全パンデミックとは?

.

高齢化が年々進み、それに比例するように心不全が増えて心不全パンデミックいる状態を心不全パンデミックと呼びます。

高齢者ほど生活習慣病とくに高血圧や動脈硬化などが増え、それが心不全の増加を後押しするからです。

しかもこれからの日本では人口がピークを打ち、その後は徐々に減るなかで心不全人口はより高い割合を占める、しかしそれを支える労働人口つまり若い働く人たちの数はさらに減るため一段と深刻な問題なのです。

.

⬛︎心不全パンデミック、その心不全の治療は?

.

心不全の原因を治す、さらには予防することが第一です。

たとえば心筋梗塞などの虚血性心疾患、大動脈弁や僧帽弁、三尖弁などの心臓弁膜症、拡張型心筋症や肥大型心筋症などの心筋疾患、先天性心疾患、その他の病気のそれぞれで、原因を封じ込め予防する、それができなければ早期発見して効果的な治療を行うなどですね。

また近年HFpEFつまり駆出率が下がらない心不全、多くは拡張機能障害なども高齢者では増えるのです。これらの治療も大切です。

.

⬛︎移植や補助循環(人工心臓)があるのでは??

.

移植や補助循環は重症心不全には切り札とも言える治療法ですが、ドナー心が圧倒的不足のため65歳以上の患者さんには使えません。そのため高齢化社会における心不全パンデミックの対策としてはあまり役に立たないのです。

.

⬛︎それではどうすれば良いの?

.

上記の予防、早期発見と早期治療、かかりつけの先生方と専門医の協力連携などでできるだけ心不全になるまでに治すことが肝要です。

しかしそれができなかった場合、どうすれば良いのでしょうか。

.

⬛︎心臓外科医としての私たちのお答えは、、、

.

まず生活習慣の改善、お薬や心臓リハビリなどを行ってもダメな場合、その原因(虚血性心疾患や弁膜症その他)に応じた治療とくに手術を行うことで患者さんの心不全をできるだけ治すようにします。

それでもダメな場合は新しい左室形成術で治せるケースがあります。

残念ながらすべての心不全が治せるわけではありませんが、心臓内科の先生方がギブアップした患者さんをこれまで多数救命して参りました。

.

⬛︎どんな心臓病、心不全なら新しい左室形成術で治せるの?

.

心筋梗塞やステント治療後の虚血性心筋症、拡張型心筋症いわゆるDCM、虚血性僧帽弁閉鎖不全症や機能性僧帽弁閉鎖不全症、大動脈弁膜症などに続発する二次性の拡張型心筋症、左室緻密化障害にともなう拡張型心筋症など、左室が拡張して心不全になるタイプの心臓病に対応できることが多いです。、、、もっと詳しく見る

.

詳細はお問い合わせください。あるいは米田外来にてご相談ください。

.

Heart_dRR
心臓手術のお問い合わせはこちらへどうぞ

pen

患者さんからのお便りのページへ

トップページへもどる

.

 

Pocket

----------------------------------------------------------------------
執筆:米田 正始
医誠会病院スーパーバイザー 仁泉会病院心臓外科部長
医学博士 心臓血管外科専門医 心臓血管外科指導医
元・京都大学医学部教授
----------------------------------------------------------------------
当サイトはリンクフリーです。ご自由にお張り下さい。