オーバーラップ法、、患者さんの想い出

Pocket

Aさんはまだ40代の若い男性でしたが、心筋梗塞のため左室の大部分を失い、強い心不全のため入院してこられました。

左室のほとんどが動いていない、しかし一部がかろうじて残っている、という状況で、その残っている部分がフルにちからを発揮できるように左室を形成すれば救命できるかも知れないと判断し、手術になりました。

セーブ手術を行ったのですが、力はある程度はでるもののIABPという補助装置からなかなか離脱できず、結局当時の左室補助装置LVASを装着するに至りました。

その際にはセーブ手術のパッチ越しにLVASのカニューレつまり血液を吸い出す管を入れるのは安全上良くないと判断し、セーブ手術のパッチをはずしてオーバーラップ法に変換し、そこへカニュラを入れました。LVASはきれいに作動しました。

その段階でこの左室は残存心筋が少なすぎるためこれ以上回復することはできないと判断し、心移植のリストに載せて頂きました。

その後私は京大病院を去り、患者さんも移植ができるセンターへ移られました。

後日、無事心移植が行われ、Aさんは元気に退院して行かれたとの吉報を頂きました。

.

Heart_dRR
心臓手術のお問い合わせはこちらへどうぞ

pen

患者さんからのお便りのページへ

その他の左室形成術 ③ドール手術

心筋症・心不全 にもどる

.

Pocket

----------------------------------------------------------------------
執筆:米田 正始
医誠会病院スーパーバイザー 仁泉会病院心臓外科部長
医学博士 心臓血管外科専門医 心臓血管外科指導医
元・京都大学医学部教授
----------------------------------------------------------------------
当サイトはリンクフリーです。ご自由にお張り下さい。