ポートアクセスの心臓手術、、、患者さんの想い出

Pocket

心臓手術を受ける患者さんの中には仕事が忙しくてなかなかその時間が取れない方もおられます。

Aさんは30歳前後の、まさにこらから仕事盛りになる獣医さんです。

僧帽弁閉鎖不全症を指摘され、心不全症状が出始めて心臓手術が必要となり私の外来へ来られました。

仕事に早くもどりたい、仕事も忙しくちからも必要で楽ではない、という状況から僧帽弁形成術とくにポートアクセス法で行うことが適切と判断しました。

手術では右胸を小さく開けて弁を修復しました。後尖のP3という部位が逸脱し瘤化していました。これを本来の形にもどしました。弁輪も小さくならず、運動能力にも制限がかからないようにしました。

術後経過良好でまもなく退院して行かれました。

ポートアクセス法では創が小さく見えにくいだけでなく、骨を切らずにすむため、手術後早期からフルに仕事ができ、クルマなどの運転も早い時期からできるというメリットがあります。しかも弁置換術ではなく弁形成術なのでばい菌などにもやられにくく、何かと安全なのです。

Aさん、これから楽しく仕事に打ち込んで下さい。

 .

Heart_dRR
お問い合わせはこちらへどうぞ

pen

患者さんからのお便りのページへ

弁膜症のトップページにもどる

.

Pocket

----------------------------------------------------------------------
執筆:米田 正始
医誠会病院スーパーバイザー 仁泉会病院心臓外科部長
医学博士 心臓血管外科専門医 心臓血管外科指導医
元・京都大学医学部教授
----------------------------------------------------------------------
当サイトはリンクフリーです。ご自由にお張り下さい。