心房性機能性僧帽弁閉鎖不全症について

Pocket◆心房性機能性僧帽弁閉鎖不全症とは? . 僧帽弁閉鎖不全症の中で、弁そのものは悪くないのに弁逆流が発生する、そんな病気があります。これを機能性僧帽弁閉鎖不全症と呼びます。 . 一番良く知られて入るのは、心筋梗 […]

お便り138 意を決して転院しMICSで大動脈弁置換術を受け、間も無く仕事復帰

Pocket心臓病の患者さんにとって心臓手術を受けるというのは大変なことです。それこそ清水の舞台から飛び降りるような覚悟で手術に臨まれるように感じます。だから私たちも信頼に応えるのだという信念を持って手術や治療に当たらね […]

お便り136 ハードルを超えて大動脈弁形成術を完遂できた患者さん

Pocket大動脈弁形成術は現在も難しい手術として知られています。ましてそれがリウマチ性がらみで、弁尖がより壊れている場合はなおさらです。  . 患者さんは現在西日本に在住のアフリカの方です。現在は日本で仕事をしておられ […]

お便り134 人生を賭けた再手術で弁形成が決まった

Pocket僧帽弁形成術の中には複雑で難しいものもあります。 以前に弁形成を受け、その後僧帽弁閉鎖不全症が再発してからの再手術はその一つです。 特に元の病気が先天性つまり生まれた時からの弁膜症の場合は弁が十分発育していな […]

お便り133:試練3回の後、ついに健康を勝ち取った患者さん

Pocket僧帽弁形成術はまだまだ経験に基づく名人芸的な一面があります。 複雑僧帽弁形成術の場合はその傾向が顕著です。中でもMICSつまり小さい傷跡で行う方法の場合は術者間や病院間の差が大きいです。 . 下記の患者さんは […]

お便り126 マルファン症候群・二尖弁大動脈基部拡張にデービッド手術でお元気に

Pocket大動脈基部拡張症とくにマルファン症候群のように組織が弱い患者さんの場合、手術や治療の内容がその後の人生に大きな影響を与えます。中でも60歳以下の若い患者さんの場合は人工弁を使わないで元気になると言うことが大き […]