サルコイドーシス心筋症、、患者さんの想い出

Pocket

サルコイドーシス心筋症( 211247569サルコイド心)の患者さんの経過はある意味劇的なことが多く、心に強く残っています。

50代で心不全のため私の外来に来られたAさんは左室後壁がやられて左室瘤となり、そのために僧帽弁閉鎖不全症も併発して心不全がどうにもならない状態でした。

サルコイドーシス心筋症SVR+MVP前後左室形成術で心室を修復し、さらに僧帽弁形成術を行ってきれいに治りました(写真左)。

心臓もうんと小さくなり元気になられました。サルコイドーシス心筋症に外科手術が役に立つことを実感しました。

その後、サルコイドーシスの進行で左心室ついで僧帽弁の形が歪み、僧帽弁閉鎖不全症が再発したため、またオペになりました。さすがに弁形成の限界を感じたため、僧帽弁置換術を行い、患者さんはまた元気になられました。

その都度、笑顔で頑張って下さった患者さんに頭が下がります。同時にサルコイドーシスそのものの進行を抑える根本的な治療法の確立を目指す必要性を痛感しました。それでこそ、心臓手術の意義が真に確立するものと思います

しかしまずは目の前の患者さんの状態をベストに保ちつつ、内科外科で協力して少しでも長持ちする心臓を確保することが急務と考え、努力を続けています。

 

.

Heart_dRR
お問い合わせはこちらへどうぞ

pen

患者さんからのお便りのページへ

左室緻密化障害とはへ行く

心筋症・心不全 にもどる

.

Pocket

----------------------------------------------------------------------
執筆:米田 正始
医誠会病院スーパーバイザー 仁泉会病院心臓外科部長
医学博士 心臓血管外科専門医 心臓血管外科指導医
元・京都大学医学部教授
----------------------------------------------------------------------
当サイトはリンクフリーです。ご自由にお張り下さい。