第二回日本ローカーボ食(糖質制限食)研究会

Pocket

第二回日本ローカーボ食研究会(糖質制限食の研究会です)の学術集会がこの2月5日に名古屋で開催されました。

この研究会は昨年2011年に発足し、同年6月に第一回学術集会を開催し、幸い多くの先生方や栄養士さん、コメディカルの方々や食品企業の皆様らのご助力で盛会に終えることができました。

それを受けて今回はさらに内容あるものを目指して開催されました。

IMG_0420b8題の一般演題発表およびディスカッション、そして灰本元先生の教育講演、さらに8題の演者をパネリストとしたパネルディスカッションで賑やかに討論がなされました。その詳細は日本ローカーボ食研究会のホームページをご参照ください。

一般演題ではローカーボ食(糖質制限食)の指導に難渋した症例をいくつかの施設から発表され、苦労と工夫が論じられました(写真は準備中です)。

また効果的で安全な治療法としてのローカーボ食(糖質制限食)をもちいた経験を小早川医院の小早川裕之先生や四日市糖尿病クリニックの東盛亜美先生らが発表されました。

ローカーボ食指導の上での血糖値コントロールの課題を西伊豆病院の野々上智先生が、また同様の課題を不安定ローカーボとして灰本クリニックの篠壁多恵先生が発表されました。

ローカーボ食(糖質制限食)に難渋した症例の経験を中京クリニカルの中村了先生や、名古屋ハートセンターの白戸絵里奈先生・田中舞子先生が発表されました。膵臓の石灰化著明な糖尿病でのローカーボ治療経験を中京クリニカルの前田恵子先生が発表されました。

こうした難渋例や教訓例のご検討は、ローカーボ食(糖質制限食)治療が進化していることを示すものと感じました。

お酒にもダイエットに良いものからそうでないものまでいろいろありますまた前回にひきつづいて、小又接骨医院の村坂克之先生のアルコールの研究のご発表があり、皆の注目を集めました。前回の結果、つまり赤ワインや辛口白ワインは血糖値をほとんど上げないという事実は愛飲家患者さんには朗報だったのですが、今回は純米酒や本醸造酒も良い結果で、今後うまく活かせばより楽しいダイエットが実現できそうな有用情報でした。糖質ゼロや糖質減量ビールもかなり行けるとはありがたい限りのお話しでした。

ちなみに私ども名古屋ハートセンターの症例は、高度肥満と脳梗塞既往のため手術も術後リハビリもままならない重症例に弓部大動脈置換術+大動脈弁置換という大きな手術をローカーボ食(糖質制限食)を効果的にもちいてスムースに乗り切るという、心臓手術や血管手術の新たな補助手段としてのローカーボ食の応用の一例として発表したものでした。同時に、軽快退院後、体重リバウンドと肥満再発・心不全再発で再入院するという、ダイエット指導のむずかしさも示したものでした。皆さまからご教示をいただき、うれしく存じました。

この会の御大である灰本 元先生の教育講演「海外大規模研究から」は糖尿病コントロールの最適レベルはどこにあるかという課題、あるいはそれに関連して糖尿病患者さんに多い低血糖のリスクや心臓死、あるいはがんをどう予防するかという課題など、まさに全人的治療の一環としてのローカーボ食(糖質制限食)治療の位置づけや最適法の探求というスケールの大きな内容でした。

パネルディスカッションでは安井廣迪先生の総合司会のもと、灰本元先生と私、米田正始の司会で進めさせていただきました。

個々の発表の際に論じきれなかったいくつかのポイントをもう少し掘り下げてみました。たとえば大酒のみの代謝はどうなるか、とくにTCAサイクルがアルコールで「占拠」されてメタボになるメカニズムや、脂肪を食べてはいけないと刷り込まれた患者さんをどう教育するか、そもそも脂肪を食べて血中脂肪が下がる理由、ローカーボ食(糖質制限食)がうまく遂行されていることを確認する指標は何がベストか、内蔵脂肪を簡便に計測する器械、などなど、内容ある議論をしていただき、司会者としてうれしく存じました。

これらのご発表や議論はちかぢか、一冊の本として出版予定です。発表者の皆様にはぜひよろしく執筆お願いするとともに、読者の皆様には乞うご期待です。

研究会のあとはローカーボ食(糖質制限食)企業の展示とともに懇親会が行われ、賑やかに歓談のときが持てました。クラシエ薬品の新しいスポーツ飲料、大塚食品のヘルシーなごはん、楽園フーズの新しいパン、サントリーの新しい試み、その他今後が期待される食品が展示試食されました。

新しいヘルスケアを担うこの研究会が多くの方々のご協力でさらに発展することを期待しつつ、第二回研究会を終了しました。みなさん、どうもありがとうございました。次回は半年後になる予定です。よろしくお願い申し上げます。

2012年2月6日

 

米田正始 拝

 

日本ローカーボ食研究会のホームページはこちら

 

日記ブログのトップページにもどる

Heart_dRR
心臓手術のお問い合わせはこちら

pen

患者さんからのお便りのページへ

 

Pocket