ミニルート法(インクルージョン法)―大きな手術を低い侵襲で

Pocket

ミニルート法(ミニルート手術)またはインクルージョン法

ベンタールミニルート法手術は確かに入れ子に良く似た形で、中に入れ込むため外へ出血しないという実感があります。手術(ベントール手術)が必要な60歳以上の患者さんには相談の上、ステントレス生体弁を用いてミニルート手術(別名インクルージョン手術つまり「入れ子」(写真左)のように内装して包み込みます)を施行しています。

入れ子というのはわかり易い表現で、この手術を受けられた患者さんが命名してくださいました。

 

これはベントール手術と同じ効果を単純弁置換の安全さで行えるという利点と、万一将来再手術が必要になってもそれが安全に行いやすいこと、そしてちょくちょく報告されている弁破裂が予防できるという大きなメリットを併せ持つ方法です。

とくに出血が容易に未然に防げるのは魅力的です。心臓の外側に人工物を残さないため感染にも強いという良さもあります。

 

弱点は、冠動脈入口部が異常な位置にあるときに必ずしも理想の形態とならないため、注意が必要であることです。

これは熟練した術者なら比較的容易に対応できます。

 

これらの方法を駆使することで大動脈基部再建の適応ある患者さんなら80歳代、お元気なら90代の方にも手術を比較的安全に行うことができます(事例9)。

あるいは昔上行大動脈置換術などの手術を受けて癒着が強い方の再手術にも役立ちます。

大動脈基部の深い部位の癒着剥離が不要になるからです。

 

Heart_dRR
お問い合わせはこちらへどうぞ

pen

患者さんからのお便りのページへ

 

弁膜症 の扉のページへもどる

Pocket

-----------------------------------------------------------------------
米田正始   医誠会病院スーパーバイザー 仁泉会病院心臓外科部長
医学博士 心臓血管外科専門医 心臓血管外科指導医
元・京都大学医学部教授
-----------------------------------------------------------------------