第7回患者さんの会のご報告と御礼 (新しい糖質制限食ダイエット法なども)

Pocket

皆さんこんにちは

本日、3月7日日曜日にいつもの祇園ホテルにて第7回患者さんの会を開いて頂きました。

最近暖かい日が多かったのですが本日は雨でしかも寒く、あまり良い日ではなかったのですが、60数名の患者さんとご家族がご参加下さり、会場は満杯になりました。

今回は新しい科学的ダイエット法であるローカーボ・ハイファットダイエット(糖質制限食)つまり低炭水化物・ダイエットはこれまではカロリーを減らすことが中心でした。それも大切ですが、カロリーの内容やバランスも重要であることが知られつつあります 高脂肪食ダイエットの実際をご紹介しました。春日井の名開業医・灰本先生(灰本クリニック)の7年以上のご経験から教えて頂き、すでに私自身で、あるいは私の患者さんや友人でも実績のある方法ですので、実際の経験談を交えてお話しました。

体重が減り、中性脂肪が大きく減り、善玉コレステロールが増え、血糖値も改善した実際のデータに大変反響ありました。今後、心臓病、糖尿病、高脂血症、動脈硬化、脳梗塞、腎臓病、膝関節症、その他さまざまな方々のお役に立つことを期待しています。

実際、以前に私の心臓手術を受けて戴き、その後も心臓は快調ながら太りすぎがもとで内臓に変調をきたし体調が今一つの方もおられましたので、そういう方には大きな福音になると思います。

また4年前に左室緻密化障害という病気に世界で初めて左室形成術を行わせて頂いた患者さんもご参加下さり、お元気な姿で皆さんのご挨拶戴きました。この患者さんの手術報告はアメリカのトップジャーナルにも掲載(英語論文194番)され、その後多数の左室緻密化障害患者さんのお役に立っています。皆さんの拍手とともに、ありがとう!と叫びそうになりました。

一緒に勉強される患者さんたちです。Q&Aの時間にはさまざまなご質問やお話を頂きました。一体感のある和やかなひとときでした。 また数年前に大きな手術を受けて下さった大阪在住の患者さんのご家族がご参加下さり、最近とつぜん誤嚥性肺炎で危篤状態となり、私に緊急の電話をされ、それから急遽、私の友人で実力派内科医の近隣の先生にお願いし、危機的状況を無事脱したことをご紹介下さいました。遠方にいても連携プレーで命が助かる、医者冥利のような話しで、こうした形でも皆さんのお役に立てれば幸せと思いました。

こうした経験の中で患者さんご自身やご家族はチーム医療の中心部にある重要メンバーであることを改めて感じます。通常、チーム医療には患者さんは対象であってもメンバーではないような扱いになっていますが、今後は患者さんの主体的参加が普通のことになるでしょう。

そうしたことを感じさせてくれた今回の患者さん会でした。いろいろご質問や御礼その他のありがたいお言葉を戴き、前回同様、世話人のひとり、全さんの手作りのケーキでお茶の時間を持ちながら和気あいあいと歓談できました。世話人の松岡さん、中村さん、ありがとうございました。

次回は9月ごろを考えておりますが、もう少し早目にして下さいという声も戴きましたので、世話人の皆さまとご相談し夏ごろを検討したく思います。

また皆さんのお元気なお顔を拝見できるのを楽しみにしています。

平成22年3月7日

米田正始 拝

追伸:かつて米田正始の手術を京都大学病院や康生会武田病院、医仁会武田総合病院、洛和会音羽病院などで受けられた患者さんやそのご家族・ご友人はどうぞ遠慮なくご参加下さい。ご連絡法はこのホームページに記載してあります。

 

Heart_dRR
心臓手術のお問い合わせはこちら

 

 

Pocket

-----------------------------------------------------------------------
米田正始   医誠会病院スーパーバイザー 仁泉会病院心臓外科部長
医学博士 心臓血管外科専門医 心臓血管外科指導医
元・京都大学医学部教授
-----------------------------------------------------------------------