第11回患者さんの会のご報告

Pocket第11回患者さんの会は平成26年6月1日に京都駅前のキャンパスプラザにて盛大に行われました。ご参加下さいました患者さんたち、協力してくれた高の原中央病院の皆さんに感謝申し上げます。 今回はかんさいハートセンタ […]

お便り100: お掃除のおばさんからのお手紙

Pocket天声人語という言葉があります。有名新聞のコラムの題名ですが、もとは中国の古典で「天に声あり、人をして語らしむ」という言葉があり、そこからの引用です。 病院で言えば偉い先生方の声も有難いのですが、庶民的なレベル […]

名古屋ハートセンターにて米田正始の手術を受けて下さった患者さんたちへ

Pocket皆さん、いかがお過ごしでしょうか。ことしの夏は猛暑が厳しく、多数の方々が熱中症などで体調を崩しておられます。どうぞご自愛ください。 さて名古屋ハートセンターが開設されたのは2008年10月でした。 &nbsp […]

お便り87: ミックス法で自己心膜の大動脈弁形成術(再建術)

Pocket比較的お若い患者さんの大動脈弁閉鎖不全症や大動脈弁狭窄症に対してはこれまで機械弁をもちいた大動脈弁置換術が一般的でした。 しかしそれでは一生涯、ワーファリンという血栓予防のお薬が不可欠で、毎月、一生涯病院に通 […]

お便り83: 拡張型心筋症と僧帽弁閉鎖不全症から立ち直り

Pocket拡張型心筋症は難病で、重くなるとしばしば打つ手なしという扱いになることが世間では多いようです。 私たちはこの拡張型心筋症の治療にちからを入れてまいりました。 心臓外科の観点からは、拡張型心筋症が悪化したときに […]

お便り82: 3度目の心臓弁膜症手術で

Pocket弁膜症とくに機械弁つまり金属の人工弁の手術のあとは長年月にわたり、丁寧な治療やフォローアップが必要です。それによって元気で楽しい生活を長期間楽しむこともできます。そうした患者さんの人生をお支えするのも私たちの […]

心臓病患者さんのためのノロウィルス対策

Pocketかなり強い寒波が日本列島のほぼ全域を襲っています。皆様、いかがお過ごしでしょうか。 この寒波に合わせるかのように、ノロウィルスが流行しています。 病院などでは多数の死亡者がでているところもあり、十分ご注意くだ […]

お便り81: 大動脈二尖弁と上行大動脈、僧帽弁の患者さん

Pocket大動脈二尖弁はそれ自体では必ずしも病気とは言えないのですが、大動脈弁の弁膜症を起こしやすいため、注意深いフォローアップが必要です。 同時に大動脈基部つまり大動脈の根っこの部分から上行大動脈にかけて、大動脈の壁 […]

お便り80: 困難な状態から再手術を乗り切った患者さん

Pocket 心臓手術のなかでも再手術はさまざまな注意が必要です。 単に弁を治すだけではなく、壊れた全身を守り助けながら、周囲の組織とくっついた心臓をきれいにはがし出して、そのうえで心臓の中を治すことが必要です。 以下の […]