じっとしてたら苦しくないのに心臓手術がひつようなの?

Pocket

弁膜症心筋症などによる心不全が次第に重くなって、もうあまり動けない患者さんが、心臓手術が必要だよと言われて、こう答えられることがあります。安静時に息切れがおこるようになるとかなり重症であることが多いです。ご注意を

 .

患者さんにしてみれば動きさえしなければそれで苦しくない、大丈夫と思っているわけです。

.

しかしそれは心不全がさらに進めば、安静にしているときでも苦しくなるという状態の一歩手前の状態かも知れないのです。

そして安静時でも苦しくなるともう逃げ道はないこともあり、その状態からの心臓手術では心機能が十分には回復しないこともあるのです。あるいは肝臓や肺などの他臓器が壊れてしまっていることさえあります。

.

このことは大動脈弁閉鎖不全症などの病気で起こり得ます。

他の弁膜症や心筋症、虚血性心疾患でもおこります。

現代は優れた検査法とくに画像診断が使えますが、それでも患者さんの症状は重要なのです。とくに安静時の苦しさ・症状は今でも悪いサインです。

.

Health_0084そういうことで患者さんが一番長生きできる方法、とくに元気に楽しく長生きできる方法を選ぶことが大切です。

それでこそ、心臓手術も威力を発揮し、患者さんの幸福に直結するのです。

そのためにはその心臓病の状態を十分に把握することがまず大切です。

.

Heart_dRR
心臓手術のお問い合わせはこちら

心臓手術が必要と言われたら、、のページに戻る

.

 

Pocket