こんなに元気なのに心臓手術が必要なの?

Pocket

さまざまなデータをもとにして、

心臓手術を受けることが患者さんにとって有利と判定されたとき、

それに耐えられるうちに、あまり心臓や全身の臓器が弱るまでに、

オペをするほうが患者さんに得することになります。

 .

Ilm17_bc03015-sつまり「まだ元気なのに」手術するというのではなく、

ある程度「元気だからこそ」心臓手術が安全に成り立つ、というわけです。

しかしあくまでもその心臓手術が患者さんにとって有利・有益なものであり、かつそれで勝てる見込みが十分にある場合の話です。

客観性を持たせるために、ガイドラインを重視します。ただガイドラインですべてをカバーできるわけではないため、ガイドライン+総合判断となることも多いです。

.

私たち医師はややもすれば患者さんの症状が強くなってから手術を勧める傾向があります。そのほうが協力を得やすいからです。

しかしそのためにそのベストタイミングを逃し、せっかくオペしてもベストの結果が得られないことがあります。

たとえば心肺も腎臓も肝臓も壊れてから、決死の思いで心臓手術する、などのパタンですね。心臓についていえば、心筋がやられてから冠動脈バイパス手術弁膜症のオペをするといったケースです。

タイミングが大切なのは心臓手術も同じです私たちの経験では、患者さんはこうした手術のあとでも、多くは元気になられますが、やはり遅すぎるタイミングでは何かと危険性や苦労が増えるのです。

.

そこで心臓手術のタイミングで大切なことは、

1.情報やデータを十分集めることと

2.経験豊かな専門家と早めに、じっくり相談すること

です。

チーム医療という言葉がはやりですが、患者さんやご家族も立派なチーム員なのです。

.

Heart_dRR
心臓手術のお問い合わせはこちら

pen

患者さんからのお便りのページへ

心臓手術が必要と言われたら、、のページに戻る

.

 

Pocket

-----------------------------------------------------------------------
米田正始   医誠会病院スーパーバイザー 仁泉会病院心臓外科部長
医学博士 心臓血管外科専門医 心臓血管外科指導医
元・京都大学医学部教授
-----------------------------------------------------------------------