1) 動脈硬化症とは

Pocket

動脈硬化症は動脈が文字通り硬くなり機能を失う病気で、全身のさまざまな動脈に起こります。

動脈硬化症が心臓の血管に起これば冠動脈疾患、たとえば狭心症や心筋梗塞になってしまいます。

動脈硬化症が脳の血管に起これば脳こうそくその他の困った状態になります。

下肢の血管に起これば閉塞性動脈硬化症ASOとなって歩くと下肢が痛んだり、悪化すれば腐ったりします。

 

動脈硬化症の原因としてはさまざまなものが知られています。たとえば:

食べ過ぎや、食べ物のバランスにご注意を糖尿病(血液の中の糖分が増えすぎて 腎臓・眼・心臓・血管・神経などがやられます)、

高脂血症(血液の中のコレステロールや中性脂肪が増えすぎる状態あるいは血液のE/A比が低いつまり良い脂肪酸が少ないとき)、

高血圧、たばこ、肥満、ストレス、

慢性腎不全・透析メタボリックシンドローム高齢


その他さまざまな原因で動脈硬化は発生します。

 

毎日の生活、食事や運動、規則正しい生活をはじめとした毎日の生活習慣を健康的にすることが大切です。

それらの心配がある方はかかりつけの内科の先生方と相談され、また定期健診を受けて確実を期されるのがよろしいかと思います。

 

私は心臓と血管の外科を専門としておりますので、その観点から次ページで少しご説明します。

 

Heart_dRR
心臓手術や血管手術のお問い合わせはこちらへどうぞ

pen

患者さんからのお便りのページへ

 

5.動脈硬化症 2) 心臓の動脈硬化症は へ進む

5. 動脈硬化症 の扉のページに戻る

Pocket