腋窩動脈大腿動脈バイパス (Axillo-Femoral バイパス)

Pocket腋窩動脈大腿動脈バイパス(Axillofemoral Bypass)は文字どおりこの2つの動脈をバイパスでつなぎ、下記のような状況で下肢虚血に威力を発揮します。 たとえば下肢虚血で腹部 大動脈などが閉塞してい […]

大動脈―大腿動脈バイパス手術 (Aorto-Femoralバイパス術):最強の治療法?

Pocket 下肢の動脈硬化、血管閉塞に対する治療法のなかで、 大動脈ー大腿動脈バイパス手術(略称 Aorto-Femoralバイパス手術)は腸骨動脈などに長い区間の閉塞や狭窄がある場合行われます。   この大動脈-大腿 […]

大腿動脈―大腿動脈バイパス術 (F-Fバイパス術): 幅広い応用が

Pocket 大腿動脈‐大腿動脈バイパス手術、略してFFバイパス手術は、 左か右のどちらかの下肢付け根の動脈(外腸骨動脈)が閉塞しているときに、 その反対側の動脈から血液を「借り」て来ることで、 患者さんの体にさほど負担 […]

4b) 下肢の閉塞性動脈硬化症に効く手術は―正しい選択を

Pocket近年、高齢化や食生活の変化のため動脈硬化症が増えており、下肢の閉塞性動脈硬化症もずいぶん増えました。 よくあるパタンは腸骨動脈(腹部大動脈がおへそのあたりで左右に枝分かれした直後の動脈です)や大腿動脈(腸骨動 […]

5. 動脈硬化症―ゆっくりと来る悪魔、予防や早期治療が大切

Pocket 1) 動脈硬化症とは . 動脈硬化症は高齢化そして栄 養やストレ ス過多の現在、増える傾向にある現代病です。 動脈硬化は脂肪などが血管の壁に貯まって起こります(上図)。 動脈は全身にあるため、動脈硬化は全身 […]

bFGFを用いた血管新生療法の特長は―動脈を創れるのがユニーク

PocketbFGF(ビー・エフジーエフ)たんばくの徐放(じわりと効かせる)の方法は 1.遺伝子治療ではなく、 そのためウィルスの運び屋(ベクター)などの危険性あるものを使わずにすむ、 そのため将来がんなどの病気が起こる […]

6) 新しい再生医学、血管新生療法―これから多くの患者さんのお役に立てれば

PocketQ: こうした従来の治療法でだめなとき、何か方法はあるのですか? A: 上記の従来治療をどのように駆使しても閉塞性動脈硬化症ASOでは下肢の血流が不足し、下肢を切断する危険が迫っている場合には、 下肢に新しい […]

下肢の閉塞性動脈硬化症ASOが重症化したときの手術法は?

PocketQ: 下肢の閉塞性動脈硬化症ASOが重症化したらどういう治療法があるのですか? 下肢の比較的太い血管が動脈硬化のために細くなったり詰まったりしている場合、カテー テルで広げる(PTAやPPIと呼ぶ治療法です) […]

4) 下肢の閉塞性動脈硬化症(ASO)では?―足が腐ってからでは手遅れ

PocketQ: 下肢の動脈硬化症では足が腐ったりすると聞きましたが? A: 下肢の動脈硬化はとくにASO(閉塞性動脈硬化症)として大きな社会問題になっています。 糖尿病や慢性腎不全・透析の患者さんなどの場合、起こりやす […]

3) 大動脈の動脈硬化症にはどういうものが?―予防したいつらい病気です

PocketQ: 大動脈の動脈硬化症にはどういうものがあるのですか? A: 大動脈の動脈硬化症は本ホームページの大動脈疾患のところをご覧下さい。 大動脈がこぶのように膨れる大動脈瘤や、大動脈がある範囲にわたって膨らむタイ […]