豊橋ハートセンター

Pocket

鈴木孝彦先生豊橋ハートセンターは約10年前、当時国立病院豊橋東病院循環器科で活躍して大川育秀先生おられた鈴木孝彦先生(写真左)が、

同病院心臓血管外科で名を上げておられた大川育秀先生(写真右)および製薬会社にて勤務しておられた白川洋之さんと協力し、

心臓病治療のための患者中心かつ本物の専門施設をという共通の夢をもって開設された専門病院である。

当初は19床のクリニックサイズでスタートし、次第に発展拡大し、現在60余床の、この国を代表する心臓専門病院へと成長して行った。

 

豊橋ハートセンター著者(米田正始)は京都大学病院に勤務していたころから時折この豊橋ハートセンター(写真左)へお邪魔し、何度かライブ心臓手術などをやらせて頂いたが、

そのころから忙しくても仕事のしやすい病院、医師としての喜びを満たせる病院(つまり患者さんに必要な治療を必要な時にだれに遠慮することもなく実施できるという喜び)という印象を持っていた。

 

2007年春からこの豊橋ハートセンターで非常勤ながらスーパーバイザーとして仕事をさせてハートセンターは忙しくてもやりがいがあります頂くようになり、

京大病院を去る2007年9月から半常勤の形でより積極的に関与させて戴いた。

個々のスタッフの熟練度の高さ、優秀さ、プロ意識、仕事量、喜びと明るさは、すべて、国立の施設にいた人間にとっては眼からうろこの連続であった。

自分も含めて国立の施設の職員は給料どろぼうではないかとさえ思ったほどであった。

さらに私の関係で京都や大阪からはるばる豊橋まで来院して下さる患者さんの多くが、

遠いところまで来た甲斐があった、ここは素晴らしい病院ですと言って下さり(「患者さんの声」のページをご参照下さい)、ますますこれまでの怠惰を反省する始末であった。

 

もちろん厳しい医療費抑制政策の中で、

民間施設が公的資金の援助なしで立派に運営し、24時間365日体制で患者さんを守ることの経営上の大変さも学ぶことができた。

 

名古屋ハートセンターその豊橋ハートセンターがさらなる発展を期して大都会名古屋と元来のサポーターの多い岐阜に進出するという話をお聞きし、願ってもないことと、参画させて戴くことになったのが2008年であった。

著者は縁あって名古屋ハートセンター(写真左)担当となったが、

現在も豊橋との交流を密にもち、開設時のスピリットを忘れないように心がけると同時に、

その壁を破り、新しい時代の都会の高度専門診療を加味できればと思うこの頃である。豊橋ハートの女サムライです。実力派です

 

豊橋ハートセンターのサムライですこの6月に豊橋ハートセンター10周年の記念式典が豊橋にて行われた。

親戚のような立場で参加して、懐かしい仲間との旧交を温めることができた。

個人的に最も感動したのは豊橋ハートセンター開設時からのサムライ職員全員が壇上に立たれた時だった。

最後にものを言うのは人材の質、とくに技(わざ)と心(こころ)であり、こうしたサムライがいることが豊橋ハートセンターを群を抜く存在にしたということを実感した。

医療崩壊を起こしている施設とは反対の状況がそこにあった。

またそうした人材を育てられた鈴木先生や大川先生らの力量と御苦労に感嘆した。

 

ハートセンターグループのルーツである豊橋ハートセンターが今後も充実発展することを楽しみにするものである。

 

2009年9月記

追記: 20 Cameraroll-1323102669.27103612年4月から米田正始は3センター心臓外科の統括部長として豊橋ハートセンターでも仕事をしております。

手術は主に名古屋にて行っておりますが、適宜豊橋でも行うことが可能です。

ポートアクセス法などのミックス手術、複雑な僧帽弁形成術大動脈弁形成術、あるいは左室形成術などでお役に立てれば幸いです。

 

 

11. 名古屋ハートセンターについて へもどる

Heart_dRR
心臓手術のお問い合わせはこちら

pen

患者さんからのお便りのページへ

 

 

 

Pocket

-----------------------------------------------------------------------
米田正始   医誠会病院スーパーバイザー 仁泉会病院心臓外科部長
医学博士 心臓血管外科専門医 心臓血管外科指導医
元・京都大学医学部教授
-----------------------------------------------------------------------