お便り62: ミックスの僧帽弁形成術と冠動脈バイパス手術を受けた患者さん

Pocket

患者さんは医師に向かってまだまだ意見を言えないものです。

そのため不本意な病院の不本意な状況で心臓手術を受けてから後悔しておられるケースも少なくありません。

Ilm10_df01001-s下記の患者さんは勇気を出してご自分が納得する病院でご自分の希望する医師に相談して健康を勝ち取られました。

もともと入院していた病院では僧帽弁形成術そのものができないかも知れない、しかもバーロー症候群に対する複雑弁形成で、心房細動のためメイズ手術もひつようですから余計に難しい。ましてミックスつまり小さい創できれいに治す手術などありえない、しかも冠動脈バイパス手術というおまけまでついた大きな手術など、という状態でした。

しかし一本のメールですぐ緊密な相談がはじまり、まもなく一回の外来で精密検査ののち方針決定しました。

大きな悩み・複雑な手術もまずは相談からです。あたって砕けろの精神で、一生にたぶん1度かそこらしかない大きな手術には十分聴き調べ考えて、ご自身で最終決定することが勧められます。

そこで遠慮は要りません。何でも聴いて真剣に考えることが一番です。

そのお手伝いをしっかりやるのが私たちの仕事です。

 

******** 患者さんからのお便り ********

前略

米田先生はじめ、名古屋ハートセンター心臓血管外科の先生方には大変お世話になりました。おけがさまで手術後は順調に回復しています。

 

お手紙封筒

頂いたお手紙はワープロ印刷でしたので、手書きの封筒宛名をお示しします

事の起こりは昨年の10月、不整脈で脳貧血状態になったことからでした。

 

救急車で***病院に運ばれ検査を受けた折、心臓の弁に異常があり、血液が逆流していると診断されました。

 

昔から不整脈があり、10年前にカテーテル治療を受けた経験がありましたが、その後の検査や健康診断でも弁や他の血管に異常があるとは診断されたことがなく、まさに寝耳に水でした。

その後3ヵ月間経過観察があり今年の1月に診察を受けると、弁の閉鎖不全が特殊な状態で、手術をする場合弁形成ではなく弁置換になるかもと診断されました。

あわててインターネットで色々調べた結果、米田先生のホームページにたどり着き、名古屋ハートセンターに連絡をとりました。

紹介状など何もない状態の全く飛び込みの電話だったのですが、すぐにコーディネーターの方が対応して下さり、米田先生の診察日に予約が取れました。

 

診察をしていただくと、すぐに血液検査、心エコー、心電図、レントゲン、CTの検査をしてもらい、その日のうちに結果と状態を説明していただきました。

先生の診断は「あなたの弁の状態はバーロー症候群と呼ばれる病気で弁形成は難しいですが大丈夫、できますよ。」と力強くおっしゃっていただけました。

その場で私と同じような症例の患者さんの術前と術後の心エコーを見せていただき、術式を丁寧に説明していただきました。

先生の言葉と、数々の症例や手術の回数などからここで先生にお任せしようと思い、手術日まで決めて自宅に帰りました。

 

3月2日に入院し、手術前のカテーテル検査で冠動脈が1本完全に詰まっていることが判明し、弁形成の手術に冠動脈バイパス手術が追加されました。

ちょうど天皇陛下のバイパス手術のニュースが流れていた時期でもあり、自分もそんな大変な手術をするのと少し不安になりましたが、逆に早く見つかって良かったと思いなおし、この際心臓の悪いところはすべて治してもらおうと腹を決め、手術の説明を聞きました。

入院後は手術日の5日まで毎日、米田先生はじめ北村先生、深谷先生、小山先生が回診以外にも病室に来て下さって色々話していただけたので患者にとっては心強く感じました。

病気の内容が心臓なので、命を預ける患者にとって、医師との信頼関係はとても大切だと思います。

その点先生方はこちらが納得いくまで、色々詳しく説明していただけたので安心してお任せすることができました。

 

3月5日の手術日は弁形成とバイパス手術に不整脈のメイズ手術もお願いしたので合計9時間も手術室にいました。

待っている家族には大変心配をかけましたが、術後すぐに米田先生が手術の状況と結果を詳しく説明していただけたのでみんな安心していました。

 

術後は順調で傷が痛むくらいで、心臓以外は全く元気だったので、10日後の15日に退院するまで看護師の方々に色々わがままを言って困らせてしまい申し訳ありませんでした。

退院後は心房細動で2度ほど点滴を打ってもらいに行きましたが、今は薬をもらって不整脈もだいぶ落ち着いてきました。

 

まだまだ傷の痛みはありますが3月末から職場に復帰し、普通に仕事をしています。

あまりに前と変わらないので、心臓の手術をしたことをまわりの人たちが忘れてしまっているようで、何の配慮もないのがちょっと残念です。

それだけ医学の進歩がすごいのと、手術が素晴らしかったのだと思っています。

 

正直なところ、手術前は、たまに不整脈があったり、動悸がするくらいで特別苦しい症状があるわけでは無かったので、****病院では症状が出て苦しくなるまで薬で抑える方法も提案されましたが、思い切って名古屋ハートセンターに電話して相談して良かったと思います。

米田先生はじめ、北村先生、深谷先生、小山先生、看護師のみなさんには本当にお世話になりました。

ありがとうございました。

 

最後になりましたが、先生方、看護師のみなさん、これからも体に気をつけて多くの患者さんのために頑張ってください。

名古屋ハートセンターがあるというだけで我々患者はとても心強く感じます。

これからも何かあったら、いや、無くても顔を出そうかと思います。

その時はよろしくお願いします。

草々

****

Heart_dRR
心臓手術のお問い合わせはこちら

患者さんからのお便りのトップ ページにもどる

Pocket

----------------------------------------------------------------------
執筆:米田 正始
医誠会病院スーパーバイザー 仁泉会病院心臓外科部長
医学博士 心臓血管外科専門医 心臓血管外科指導医
元・京都大学医学部教授
----------------------------------------------------------------------
当サイトはリンクフリーです。ご自由にお張り下さい。