大動脈弁の感染性心内膜炎IE

Pocket

大動脈弁は健康な状態では、ばい菌にやられて感染性心内膜炎(略称IE)になることは珍しいです。

 

h9991304_004
大動脈弁(aortic valve)の位置と、正常な三尖(tricuspid)の大動脈弁(右上)と二尖(bicuspid)のそれ(右下)。

しかしいったん逆流が発生して大動脈弁閉鎖不全症になったり、弁が狭くなって大動脈弁狭窄症になると、からだの中に何らかの原因でばい菌が入ったときに、感染性心内膜炎IEになりやすいのです。

 

また大動脈二尖弁(右図の右下)つまり通常3枚の弁ひらひら部分が2枚になっている状態では感染性心内膜炎IEが起こりやすいことが知られています。

 

大動脈弁が感染性心内膜炎IEにかかってしまうと危険です。

高い熱がでて、全身に菌がまわったり、菌の塊が脳に流れていけば脳梗塞になります。脳こうそくが大きければいのちにかかわったり、生き延びても大きな後遺症が起こります。たとえば歩けなくなったりしゃべれなくなったり、意識がもどらないなどもあり得ます。大動脈弁が菌に食われて穴があいたりちぎれたりすると心不全となり、重くなれば心不全でも命を落とします。

 

こうした悲劇を防ぐため、まず予防が第一、そして予防できないときには早期発見と早期治療が有用です。

 

予防にはけがとくに土がつくけがや抜歯に注意して下さい。ばい菌が体に入りやすいのです。けがの場合は直ちに水道水その他きれいな水で土を十分洗い流し、出血していたらすぐ病院で消毒してもらい、適宜抗生物質をもらって下さい。

もともと弁膜症や心雑音などが指摘されているひとの場合、上記をしっかりと行い、その後も発熱に注意して下さい。ケガなどのあとで38℃を超える高熱が出たり、37℃台でも何日も発熱する場合は医師に相談するのが良いでしょう。

 

検査は血液検査と心エコーで大半が判ります。一回の検査でわかりにくいときにはしばらくして、また検査することで診断精度が上がります。

 

大動脈弁が感染性心内膜炎になってしまうと、心不全が薬などで制御できなくなったり、感染つまりばい菌の勢いがどうしても制御できないとき、あるいはばい菌の塊が飛んで脳梗塞などになる場合などに手術が必要となります。逆に感染が薬で制御でき、心不全も軽ければ内科的治療つまりお薬などで治せることもあります。経験豊富なチームがさまざまなデータをもとに判断するのがもっとも安全でしょう。

 

またばい菌が弁を壊して、弁の付け根の大動脈や左室心筋にうみ(膿)を作ったり穴をあけたりすると、それも外科手術で治さねばならなくなります。いわゆる大動脈弁輪膿瘍です。こうなるとかなり大きい心臓手術になり、体力などによっては危険性が増すこともあり、なるべくこうなるまでに手術して直してしまうのが賢明です。

 

手術はかつては人工弁をもちいて大動脈弁置換(略称AVR)を行いました。いまも一般にはそうすることが多いですが、最近は患者さんご自身の弁を形成(大動脈弁形成術)したり、自己心膜をもちいて弁形成(弁再建)したり、なるべくいわゆる人工弁を避けるように私たちは努力しています。

 

また患者さんご自身の肺動脈弁を使うロス手術もありますが、日本では肺動脈弁をおきかえるホモグラフトつまり他の方の弁が入手困難なためと他の弁の成績が上がったため、ロス手術は下火の印象があります。とくに二尖弁の方は肺動脈弁が弱っているためロス手術は不適切となります。

 

このように大動脈弁の感染性心内膜炎IEはしっかりと注意すれば予防可能ですし、また予防できないときでも、早期発見と早期治療をすることで死亡率を下げ安全確保ができるようになりつつあります。軽くても大動脈閉鎖不全症がある方、IEの既往(かつてその病気になったことがある)、二尖弁などの方は注意とともに弁膜症の専門家に定期健診をしてもらうのが安全でしょう。

 

弁膜症のトップページへもどる

Heart_dRR
お問い合わせはこちら

pen

患者さんからのお便りのページへ

 

 

 

Pocket

Comments

  1. Johne868 says

    I got this website from my friend who told me concerning this web site and at the moment this time I am visiting this web page and reading very informative content here. acgddbdefcdd