粘液腫に対するミックス手術

Pocket

Fotosearch_CCP09004粘液腫は比較的まれな病気ですが、放っておけないものです。

.

多くは心房中隔という左心房と右心房の間にある壁から、とくに左房側から発生します。

ついで多いのは心房中隔の右房側から発生するタイプです。右図は右房タイプです。

.

現在の大動脈弁ミックス私たちはこうした左房粘液腫や右房粘液腫をミックスとくにポートアクセス法で手術するようにしています。

.

なにしろ骨を切らずにすむため、あとの痛みが少なく、仕事復帰や社会復帰も早く、クルマの運転もまもなくでき、そして創があまり見えないためこころの創も起こりにくいからです。

患者さんの満足度が高い、これは私たち医療者にとっていちばんうれしいことです。

.

上図の左は世間一般に行われている皮膚切開で、中がポートのMICS、右が正中のMICSです。

私たちは通常の粘液腫には上図で中の皮膚切開をもちい、通常とは違う特殊なタイプや悪性の疑いがあるタイプには上図の右の皮膚切開で安全確保するようにしています。

178560395.

ミックス手術を僧帽弁にする施設は徐々に増えています。しかしそれは一部の簡単なケースに対してだけ行い、看板だけという施設も少なくないという指摘がされています。

.

私たちは僧帽弁+メイズ手術、僧帽弁+三尖弁、大動脈弁、あるいはそれらの組み合わせなどもポートアクセスのミックスで実績をあげてまいりました。

粘液腫にもこの方法 は威力を発揮しています。

.

患者さんにおかれましてはこうしたことも主治医と相談し、どういう手術を受けるかを考えられることをお勧めします。

ilm09_af10025-s.

わかりにくい時にはセカンドオピニオンを他病院でもらうということで主治医に紹介状を書いていただくのが現代の普通の流れです。

患者さんの知る権利を尊重してのことですのでご活用されると良いでしょう。

 

Heart_dRR
心臓手術のお問い合わせはこちら

pen

患者さんからのお便りのページへ

 .

Pocket