心臓手術を他病院で受けることはできるのでしょうか―現代は患者さんが決めます

Pocket

心臓手術を他病院で受けることはできるのでしょうか

というご質問を頂くことはよくあります。多くの場合は

 

心臓の手術は一生に一度あるかどうかのおおごとです。納得できる病院や医師を選ぶのは患者さんの権利です1.現在かかっている病院の循環器内科には満足しているが、

そこでの心臓血管外科があまり実績や例数がない

心臓手術で有名な先生もいない、

常勤の外科医がほとんどいない

 

2.そこでの心臓血管外科も全般的には悪くはないが、

自分が受ける予定の手術の経験や実績が少ない

 

3.その病院の医師や看護師らの対応や態度、あるいは説明が納得できない。

不親切であるなど。

 

などが挙げられます。

いずれの場合も、現在の病院の心臓外科で手術を受けたくないが、

他病院で手術を受けると現在の循環器内科や外科の担当先生との人間関係にひびが入ることを恐れるわけです。ご自分でも調べ勉強されるのを勧めます。ネットの使い方はこどもさんやお孫さんに聞かれるのも一法です

 

昔は患者さんがあまり病院・医療情報を持っていなかったため、良いオペを求めて他院へ出向くこと自体が珍しかったのですが、

ネットやメディア情報が豊かな現代は患者さんがもつ情報も格段に充実しました。

活気bn1-24dそうするとよりよい心臓手術をもとめて患者さんが他院へ行くことは現代は権利の一つとして認められる方向にあります。

実際患者さんのお気持ちを尊重する内科医が大学病院も含めてずいぶん増えました。

古風な先生の中には学閥にこだわって自分の関係の病院での手術しか認めないような方もまだあるようですが、

こうした考えは医局がマンパワーを失うにつれ、急速に衰退しています。

 

心臓手術は他院で受けたいという患者さんは、

まず内科の担当先生に丁セカンドオピニオンをもらうため受け持ち医に依頼状、診療情報提供書を書いてもらうと良いでしょう寧に正直に考えと気持ちを伝えるのが良いでしょう。

 

どうしても言いづらいときはセカンドオピニオンの依頼状を書いてもらうのも一つの方法かも知れません。

セカンドオピニオンは別の病院で意見を聞くという行為ですから、少しやわらいだ雰囲気で頼めるのです。

あるいは希望の心臓外科医に率直に相談するのも選択肢の一つです。

 

外科の観点からは、

そうした患者さんを、心臓手術の後で、もとの循環器内科の先生に気持ち良く受け容れてもらえるよう、配慮するのが当然と心得ています。

 

Heart_dRR
お問い合わせはこちらへどうぞ

pen

患者さんからのお便りのページへ


◆参考ページ

心臓手術とはどういうもの?

そのこれからの方向

心臓外科の名医とは

さあ心臓手術と言われたら?!

安全に必要な症例数は?

病院の立派さと心臓外科の立派さは別?

対象となる病気は?

医師の選び方

私のお勧めは?

術後の社会復帰について 

美容について

必要な検査

術前のオリエンテーション

米田正始が考案したオペは

 

Pocket