心房中隔欠損症(ASD)の治療:アンプラッツ法?それとも?

Pocket

◾️心房中隔欠損症でお薬以上の治療が必要な時は

.

症状があるとき、

たとえば運動に支障が出る、疲れやすい、呼吸困難、

あるいは奇異性脳梗塞などがあれば薬以外の治療が必要となります。

 .

あるいはQp/Qsつまり肺血流と全身の血流の比が2を超える

(肺に血が流れ過ぎてさまざまな問題を起こします)ときも同様です。

肺高血圧が合併すればQp/Qsが1.5以上で治療を勧めるというカナダ心臓協会のガイドラインもあります。

 .

お薬では対処できない状況のとき、

かつては外科の心臓手術が唯一の治療法でしたが、

現在はカテーテルによる治療法と外科手術が選択肢となっています。

 .

◾️心房中隔欠損症に対するカテーテル治療

.

カテーテルによる治療法ではAmplatzer

アンプラッツ法などでカテーテルで2枚のディスクをもちいて

心房中隔の遺残部を挟み込む形で穴を閉じるのです(右図)。

 .

そのためにははさみしろが必要となるため、

直径30mm以下の小さ目のASDで、

その縁の組織が5mm以上あることが必要です。

 .

これは周辺の重要部分たとえば冠動脈洞や肺静脈などをつぶさないためにも重要です。

 .

この基準に合うASDは、全体の半分から3分の2ぐらいと言われています。

残りの患者さんは心臓手術による外科治療が必要となります。

.

実際、最近の報告で、アンプラッツのディスクが隣接する大動脈基部を圧迫し、結局そこが後日破れて大きな事故になったというのがありました。アンプラッツ法は外科手術に比べるとまだまだ歴史が浅く、不明なことが多く、長期にわたって注意が必要です。

 .

◾️カテーテル治療と比べての外科手術は

.

外科治療では従来からの胸骨正中切開(下図の左)、

胸骨部分切開、あるいは昔からの右開胸(下図の中)、

さらに右小開胸によるポートアクセス手術(下図の右)などがあります。

 .

患者さんが比較的若い方が多いため、私たちは創が見えにくく、

骨を切らないため痛みも軽く社会復帰も早いポートアクセス手術を多用しています。

MICS_ASD.

ポートアクセス手術では

肋骨と肋骨の間、

つまり肋間から心臓にアプローチするため、骨を切らずにすむのです。

 .

また女性の患者さんの場合は乳腺の下のしわの部分の皮膚を切るため、創はあまり見えません。

私たちの経験では男性の場合でも創がある程度脇(わき)に近い位置に切るため、目立たないという利点があります。

 .

◾️外科手術のその他の特長は

.

Cameraroll-1323102677.918984ポートアクセス法では、

右房が拡張し心房細動が合併する場合にはメイズ手術もできますし、

僧帽弁閉鎖不全症が併発しているときには僧帽弁形成術も可能です。

さらに三尖弁閉鎖不全症があれば、それも三尖弁形成術で治すことができます。

これもアンプラッツ法と違うところです。

写真は心房中隔欠損症をポートアクセス法で手術した患者さんの、術後1か月の創です。

これから創は次第に薄くみえにくくなって行きます。すでに社会復帰して仕事をこなしておられます。

このくらい小さい創ならカテーテル治療じゃなくても満足できますと言って頂きました

 .

ポートアクセス手術は患者さんの身体とこころの負担を軽くするために役立っています
上記の病気はカテーテル治療ではやりづらいものが多いため、

ポートアクセス手術をはじめとする外科治療の貢献と思います。

ロボット手術と比べても仕上がりの美しさでもそん色なく、患者さんの自己負担もはるかに軽いため、お役に立っているものと思います。

 .

こうして心房中隔欠損症も患者さんにとって比較的負担の軽い治療が主流となっているのは喜ばしいことです。

.

Heart_dRR
心臓手術のお問い合わせはこちら

患者さんからのお便りのページへ

.

Pocket