検査や心臓手術などの「待ち時間」につきまして―待たせて当然なの?

Pocket

検査や心臓手術その他の待ち時間はこれまで多くの病院ではある程度はやむを得ない、一部検査待ちはつらいですねの施設では待って当然という空気さえ強くありました。

 .

もちろんひとりの医療従事者として見れば、検査も心臓手術も人手が必要ですし、病気は待ってく れないため患者さんも時には多数が同時に来られることもあります。

かといってピーク時に合わせて多数の人員を24時間動かす態勢では大赤字になるよう現在の医療制度・保険制度は組み立てられています。

そこで大きなジレンマが生じます。

 .

私たちはこのジレンマを解決すべく、民間病院という比較的小回りの効く施設の特長を活かして、この待ち時間を減らすようにしています。

 .

小回りが効き足腰が強い病院が良い心臓外科を造りやすいのですたとえば心臓血管手術については、医学的に超緊急手術が必要な患者さん、たとえば急性大動脈解離とか大動脈瘤の破裂その他、「今すぐ、ただちに」オペが必要なケースでもこれまで多くは対応できています。

このことは病院のポリシー「緊急はできるだけ断らない」を職員全員が協力して実行してきたおかげと思います。

 .

同じ心臓血管外科手術でも医学的に少しは待てる手術の待ち時間が長いようでは患者さんを助けられない、そういう心臓病がいくつもありますもの、ものによっては数時間、あるいは1-2日、あるいは3-4日待てるケースにはそれに応じて数時間後とか翌日とか2日以内に心臓手術するなどして正しい医学にもとづく治療責任を果たしています。

たとえば心筋梗塞後の心室中隔穿孔不安定狭心症に対するバイパス手術、あるいは突然死の危険性が強い大動脈弁狭窄症その他が挙げられます。

この点が患者さんよりも院内勤労者の権利を優先せざるを得ない大病院、国公立病院とくにある種の大学病院などとしばしば異なる点で、民間病院が患者さん中心のポリシーを本当に持っている賜物と思います。

 .

病院での待ち時間が必要なことをきちんとやっている割に短いのは検査の場合も同じです。

心臓や血管が弱い患者さんが自宅と病院の間を何度も行き来しなければならないのは大変おかしいと思います。

少なくとも患者中心とは言えないでしょう。

 .

そのため私たちのコーディネーター・看護師・検査技師・放射線技師・病診連携・医療秘書)・事務の人たちの努力は大変なもので、権利だけ主張するのに慣れた人たちではできないレベルの手厚く高度なサービスと思います。

私のこれまでの経験から海外の立派な病院と比べてもそん色ないものです。

 .

心臓病では迅速な検査でこそ患者さんのお役に立ちます多くの場合、外来に初診(始めて)で来られる患者さんでも、

その場で血液、胸部レントゲン、心電図、心エコー・ドップラー、必要あれば新型のMDCTで冠動脈や大動脈の造影を行い、

それらの結果を見ながら、2-3時間後には患者さんにご説明し、一緒に画像を見ながら治療の方針を立てることができます。

 .

スピードだけでなくその精度が高いのも特長です。

やはり病院の基本方針や、チームの意識が高いことが大きいと思います。

必要ならば上記のようにそのまま入院・即、心臓手術ということもできます。

私が国立大学病院で長年夢見て努力しても叶えられなかった医療です。

そういう施設では一通り検査を行い説明するまで 3週間、3往復あるいはそれ以上の手間暇が必要なこともしばしばで、これは心臓病の病人に対する姿勢として大きな欠陥があると言えましょう。

 .

もちろんいくら職員皆で頑張っても、もし多数の患者さんが一度に来られる場合などは同じス良い検査・良い医療のために患者さんのご協力も大切ですピードで検査するのは難しくなります。

何事にも限界はあります。

そこで患者さんやご家族にお願いしたいのは、前もって電話一本入れていただき、コーディネーターと相談してお互いのスケジュール合わせを行うことです。

また私の外来の場合は医誠会病院(月曜日午後)と仁泉会病院(火曜日午前と午後)をうまく活用して頂くというのも一法かと思います。

それで無理なく快適でスピーディな検査や治療ができます。

 .

しかし病気によっては前もって相談することができないことは心臓や血管ではよくあります。

そうした急な病気の場合は遠慮なく救急外来に来て戴ければと思います。幸い医誠会病院の救急外来は受け入れ大阪ナンバー1を誇っているためお役に立つことと思います。

やはりその患者さんの状態に応じた対応がベストと思うのです。

 .

以上、待ち時間から心臓血管外科の医療を考えてみました。

.

Heart_dRR
心臓手術のお問い合わせはこちらまでどうぞ

pen

患者さんからのお便りのページへ

 

はじめての方へに戻る

.


◆参考ページ

心臓手術とはどういうもの?

そのこれからの方向

心臓外科の名医とは

心臓手術と言われたら?!

安全に必要な症例数は?

病院の立派さと心臓外科の立派さは別?

対象となる病気は?

医師の選び方

私のお勧めは?

術後の社会復帰について 

美容について

必要な検査

手術まえのオリエンテーション

米田正始が考案した心臓手術は

 

 

 

Pocket

----------------------------------------------------------------------
執筆:米田 正始
医誠会病院スーパーバイザー 仁泉会病院心臓外科部長
医学博士 心臓血管外科専門医 心臓血管外科指導医
元・京都大学医学部教授
----------------------------------------------------------------------
当サイトはリンクフリーです。ご自由にお張り下さい。