もうひとつのミックス手術、胸骨「下部」部分切開法とは

Pocket

◾️ミックス手術の限界は

.

ミックス手術はまだ限られた施設(病院)や、限られた患者さんつまり比較的簡単な手術の方に対して行われているのが現状です。

Lower Hemisternotomy4 .

 

私たちは、一部の患者さんにだけ益する方法では、社会的意義はあまり大きくないという考えのもと、より広範な患者さんに使えるようなミックスのラインナップを造ってまいりました。

 .

◾️ミックスの限界を破る工夫

.

Lower Hemisternotomy3胸骨下部部分切開法(上左図)もそのための有用な方法のひとつとして、ラインナップの中に入り、現在も時折活躍する方法です。

右写真はこの胸骨下部部分切開法のミックス手術による大動脈弁形成術後の患者さんの創部を示します。

.

術後の胸骨での痛みがきわめて軽いことが印象的でした。なにしろ術後3日目からは痛み止めのお薬がほとんど不要、という患者さんが多いのです。痛みには個人差があるのですが、それを勘案すると、かなり快適な方法と思います。

 .

方法としては以前からあるものですが、あまり一般には普及しておらず、近年のポートアクセス法やその他のミックス手術のノウハウを集めて、より安全で洗練されたものとして再活用しています。

 .

◾️右小開胸ミックスが適応にならない時にも

.

PostAccess3こうした胸骨部分切開法は主に大動脈弁の複雑形成術、2−3弁手術などに使用していますが、ポートアクセス法が医学的理由で適応になりにくいときの僧帽弁形成術や僧帽弁置換術、大動脈弁手術あるいは三尖弁形成術などにも幅広く活用します。

3つの弁をすべて治す、大きな手術でもこの方法は活躍し、痛みの軽減や安全性の向上に貢献しています(心臓手術事例:3弁の連合弁膜症に対するミックス手術)。

心臓弁膜症いがいの、先天性心疾患などでも活躍しています。夏服が着やすいということもあって喜ばれています。

.

◾️胸骨部分切開法の意外な利点は

.

この胸骨下部部分切開法はポートアクセス法(右図)よりも創がやや目立ち、胸骨を部分的とはいえ切開する必要があるため、低侵襲の度合いがやや劣ります。しかし通常の胸骨正中切開よりも術後の胸骨の安定度が良く、痛みが少なく、仕事復帰が早くなるという大きな利点があります。美容上も創がお腹側に寄る小さい創のため比較的優れています。何より大きなメリットは安全上、必要ならいつでも普通の胸骨正中切開に戻せるため、有利であることです。

.

Upper Hemisternotomy胸骨上部部分切開法(右図)と比べれば、術後の胸骨の安定度が下部切開のほうが優れ、そのぶん痛みも少なく、さらに創が外からみえづらいという点がメリットとなります。その一方、上行大動脈や近位弓部大動脈などの操作では上部切開のほうが優れており、どちらが良いというのではなく、その患者さんに適したものを選ぶという柔軟な方針が良いと考えています。

.

ミックス手術の中の有力なバリエーションのひとつとして、ますます患者さんたちのお役に立てる胸骨下部部分切開法となるように、改良を重ねていく予定です。

.

Heart_dRR
お問い合わせはこちらへ

pen

患者さんからのお便りのページへ

.

参考ページのIndex:

MICS(ミックス手術)とは 

  ポートアクセス法にかかる費用は?
  
  危険なの
  
  その術後の痛み軽減について
  
  社会復帰が早いわけは?
  
  美容について
  
ビデオ 心臓手術:連合弁膜症のご高齢患者さんへのミックス・3弁手術
  
僧帽弁

  ミックスによる弁形成

  同、弁置換

  同、メイズ手術

大動脈弁

  ミックスによる弁置換術

  同、弁形成術

  同、デービッド手術

三尖弁

  ミックス法による弁形成術

患者さんやご家族からのお便り

お便り43 がんの手術後に心臓腫瘍がみつかった患者さん

お便り46 遠方からご自分の信念で来院下さった患者さん

お便り48: ミックス手術ですみやかに社会復帰された患者さん

お便り50: 大動脈二尖弁と上行大動脈瘤の患者さん

お便り61: ミックスのデービッド手術のため三重県からお越し下さった患者さん

お便り62: ミックスの弁形成術と冠動脈バイパス手術を受けた患者さん

お便り66: バルサルバ洞破裂と心室中隔欠損症などを克服した患者さん

お便り67: ミックスで右室二腔症の手術を受けられた患者さん

お便り70: 自己心膜で大動脈弁形成術(再建術)をミックス法で受けた患者さん

お便り71: ミックス手術で大動脈二尖弁形成を受けた15歳の患者さん

お便り72: 二弁置換とメイズ手術をミックス法で受けた患者さん

お便り73: リウマチ性連合弁膜症と心房細動をミックス法手術で克服

お便り78: ベントール手術をミックスで受けられた患者さん

 

 

 

Pocket

----------------------------------------------------------------------
執筆:米田 正始
医誠会病院スーパーバイザー 仁泉会病院心臓外科部長
医学博士 心臓血管外科専門医 心臓血管外科指導医
元・京都大学医学部教授
----------------------------------------------------------------------
当サイトはリンクフリーです。ご自由にお張り下さい。