第20回日本冠動脈外科学会総会にて

Pocketこの学会はむかしから親しみのある学会です。節目にあたる20回総会に行って参りました。 今回は京都府立医科大学の夜久均教授が会長で12年ぶりの京都での開催となりました。   夜久先生は12年前のことを […]

JAPAN MICS SUMMIT2015 に参加して

Pocket発展途上にあるMICSの研究会、第二回の学術集会がこの7月4日に東京で開催されたため、参加いたしました。 この前身の会のから毎回盛況で、近いうちに学会に昇格する見込みです。私は大学病院を離れているにもかかわら […]

2015年度のAATSアメリカ胸部外科学会にて

Pocket今年もAATSに行って参りました。珍しく西海岸のシアトルで開催されました。 . 心臓血管外科領域では世界の最高峰に位置する学会で、そこには世界の顔が集まり、最新の知見と豊富な経験をもとにした議論が交わされるた […]

3) 拡張型心筋症とは?―各治療法の限界を踏まえるとかなり治せます

Pocket ◾️拡張型心筋症とは . 心筋症のなかでも心臓とくに左心室(左室と略します)が大きくなる状態が拡張型心筋症です。 なかでも原発性と呼ばれるタイプは心臓の筋肉そのものの病気です。 原発性の拡張型心筋症の原因の […]

虚血性僧帽弁閉鎖不全症とは

Pocket◾️虚血性僧帽弁閉鎖不全症とは . これは心筋梗塞のあとなどに起こる僧帽弁の逆流です。特に虚血性心筋症つまり左室が壊れてあまり動かなくなる時によく起こります。 . <僧帽弁が逆流しているという意味では一 […]

かつてカテーテルPCI治療・ステント治療を受けられた患者さんへ

Pocket◾️PCI(ステント)後の患者さんたちへ . 医誠会病院や仁泉会病院の外来に狭心症にたいするカテーテル治療(略称PCI)あるいはステント治療(右図のようなかたちで治療します)のあと何年も経った患者さんたちが来 […]

事例: 虚血性心筋症に対する新しい左室形成術 その2

Pocket虚血性心筋症は現在も重症でしばしば心移植しか治療法がないと言われます。 そうはいっても心移植はなかなか順番が回ってきませんし、補助循環(いわゆる人工心臓)を使っている人たちが優先することが多いですので、普通の […]

事例: 虚血性心筋症に対する新しい左室形成術

Pocket虚血性心筋症や拡張型心筋症に対する左室形成術は適切な患者選択によって大きな成果を上げることができます。しかしこのことは循環器内科の先生方に十分知られているとは限りません。 つまり左室形成術によって救命し、さら […]