右室二腔症に対するミックス手術(MICS法)――こころの負担を軽くするために 【2019年最新版】

Pocket最終更新日 2019年5月26日 . ◾️右室二腔症の手術は . 右室二腔症は心室中隔欠損症VSDのために右室の中に筋肉が異常に張出し、右室が2つの部屋に分かれたかのように見えるため、この名前があります。 こ […]

事例: 三弁の連合弁膜症に対するミックス手術

Pocketミックス手術つまり低侵襲小切開手術はどちらかといえば若い元気な患者さんたちの、美容上の利点のために行われる印象があります。 もちろん安全性が確保される限り、そうした美容上のメリットも意義のあることと思います。 […]

お便り78 ベントール手術をミックスで受けられた患者さん

Pocket大動脈基部拡張症は心臓手術のなかでも大きめの手術が必要です。 なにしろ伸びきった大動脈の根っこ部分を人工血管で置き換え、左と右の冠動脈の入口部分をいったん切り離し、それを人工血管にぬいつけ、そして大動脈弁を形 […]

お便り72 二弁置換とメイズ手術をミックス法で受けた患者さん

Pocketミックス手術つまり小さい皮膚の創で患者さんへの負担が少ない、小切開低侵襲手術はこれまでのところ、限られた数の病院で、しかも一部の比較的簡単な心臓手術にしか使われていないという傾向があります。 たしかにミックス […]

お便り71 ミックス手術で大動脈二尖弁形成を受けた15歳の患者さん

Pocket  大動脈二尖弁は先天性心疾患であるためこどもの時期から弁膜症で苦しむ患者さんは少なくありません。 患者さんは15歳の高校生で、弁の逆流が強くなり、これまで元気に活動しておられたのが最近心不全の症状 […]

右室二腔症に対するミックス手術

Pocket右室二腔症はこどもの間に手術することが多いのですが、中には成人期に入って重症化し、手術を受けるかたも少なくありません。 それらの方々でも20代ー40代が結構多くおられます。女性はもちろん、男性でもなるべく小さ […]

お便り67: ミックスで右室二腔症の手術を受けられた患者さん

Pocket右室二腔症はこどものころに手術することが多い病気ですが、中には大人になってから徐々に病気が進行し、手術が必要になることもあります。 右室の中に筋肉が張り出して隔壁のようなものをつくり、そのために右室が無理をし […]

心室中隔欠損症(VSD)のミックス(MICS)手術 【2019年最新版】

Pocket最終更新日 2019年1月5日 . ◾️心室中隔欠損症(略称VSD)に対するミックス手術とは? . 先天性心疾患の中でももっとも多いタイプのひとつである心室中隔欠損症(VSD)を、より小さい目立たない傷跡で治 […]

お便り48: ミックス手術ですみやかに社会復帰された患者さん

Pocketかつて心臓手術は大きな侵襲つまり体への負担はやむをえない、 ある意味、当然という空気がありました。 今でも他の臓器の手術と比べると大きな手術であることが多いようですが、 それでもできるだけ体の負担を減らし、創 […]