事例4 セーブ手術その2 

Pocket患者さんは60歳男性、26歳時に大きな心筋梗塞を患い、次第に心不全が悪化し、不整脈発作や左室内可動血栓もあり来院されました。診断名としては虚血性僧帽弁閉鎖不全症をともなった虚血性心筋症です。 突然死のおそれも […]

事例 3 セーブ手術

Pocket患者さんは12歳女子、5年前の僧帽弁手術の際に発症した虚血性心筋症が悪化し心停止を来たし心肺蘇生ののち緊急手術となりました。虚血以外の理由で悪くなった可能性がある部位(拡張型心筋症の疑い)もあり慎重に対処しま […]

事例 2 ドール手術

Pocket患者さんは70 歳、男性。主訴は起座呼吸(仰向けになると息苦しくなる、心不全の症状です)。 17回の冠動脈カテーテル治療 PCIと47回(!!)にもわたる冠動脈造影 CAGの後、心不全症状を繰り返すため患者さ […]

事例 1 オフポンプバイパス手術

Pocket患者さんは53歳男性、ステント治療後の狭心症のため手術になりました。糖尿病が背景にあります。 オフポンプバイパス(OPCAB、1999年当時はまだ比較的珍しかったのですが、現在は標準手術となりました)を施行し […]

事例 セーブ手術とバチスタ手術 (変法)の併用

Pocket患者さんは54歳男性。10年前に心筋梗塞を発症し、以後虚血性心筋症・心不全の治療を内科にて受けていました。 その後心不全が進行し、ショック状態(つまり血圧が十分出ない状態です)となり IABP(大動脈内バルン […]

事例 心筋梗塞で乳頭筋断裂した僧帽弁閉鎖不全症への弁置換術

Pocket患者さんは60歳女性。 急性心筋梗塞後、乳頭筋断裂による虚血性僧帽弁閉鎖不全症を発症しました。 たまたま大動脈弁閉鎖不全症もあり、心臓と全身の状態を考慮し、ワントライで確実に完成する2弁置換を僧帽弁と大動脈弁 […]

事例 腱索「転移」(トランスロケーション)術

Pocket患者さんは46歳男性。 虚血性心筋症・同・僧帽弁閉鎖不全症・慢性心房細動に対して腱索「転移」術・左室形成術 Dor手術、心房縮小メイズ手術などを施行。 虚血性僧帽弁閉鎖不全症は弁そのものの疾患ではなく左室の疾 […]