第4回ハートバルブカンファランス

Pocket恒例のハートバルブカンファランス(心臓弁膜症のユニークな研究会)が今年は大阪で行われました。当番世話人(会長)は大阪大学の中谷敏教授でした。 例年熱く楽しい、ときには厳しい議論に花が咲く研究会ですが、ことしは […]

第7回Mulu弁膜症シンポに参加して

Pocketこのアジアを代表する心臓弁膜症のシンポジウムに参加して参りました。弁膜症の患者さんたちや、心臓外科を学んでいる若い先生方の参考になればと印象記をお書きします。 この会は世界的に有名なロッキーマウンテン弁膜症シ […]

第二回ハートバルブ(心臓弁膜症)カンファランスに参加して

Pocket第二回 Heart Valve Conference (心臓弁膜症カンファランス、代表:川副浩平先生)がこの3月31日に東京で開催されました。(第一回の心臓弁膜症カンファランスのご報告はこちらです) 世話人の […]

心臓弁膜症の恐ろしさ――こうしていのちを落としかねないのです

Pocket◾️心臓弁膜症はホントに怖くないの?? . 心臓弁膜症は昔の病気、そう怖くない病気という誤解がまだまだ多い、 そんな印象を最近ますます強く持つようになりました。  . しかし心臓弁膜症のため命を落とす患者さん […]

心臓弁膜症とマルファン症候群について―よく起こるためご注意を

Pocket心臓弁膜症というのは、弁の逆流とか、狭くなるとかで、 特にマルファン症候群などの結合組織の病気の場合は、大動脈弁、僧帽弁の逆流ですね。  . 僧帽弁の再建について。 僧帽弁は、2枚(前尖・後尖)が閉じたり開い […]

【第二十三号】 患者さんの声とブログに新記事です

Pocket━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【第二十三号】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 発行:心臓血管外科情報WEB http://ww […]

2009年12月5日 「心臓弁膜症サミット」 

Pocketマレーシアはクアラルンプールで開催されたバルブサミット(心臓弁膜症サミット)に行って参りました。   僧帽弁の話しと、大動脈弁の話しをさせて頂きました。 僧帽弁ではこれまで力を入れて来た心筋梗塞後の虚血性僧帽 […]

①b 弁膜症の動向について―時代とともに変遷が?注意点も変化?

Pocket◾️心臓弁膜症、最近は、、 . 弁膜症が増えています。 30年以上前はリウマチ性弁膜症が主体でその原因である溶連菌感染や炎症が抗生物質その他でかなり解決されたため、 リウマチ性弁膜症は次第に減少して行きました […]