事例:石灰化僧帽弁(MAC)と虚血性心筋症に僧帽弁置換を行った患者さん

Pocket慢性腎不全・血液透析の患者さんには独特な注意とケアが大切です。 冠動脈はじめ全身の動脈に硬化がおこり、血管が詰まったり狭くなったりします。 また僧帽弁や大動脈弁も壊れやすくなります。 とくにMACと呼ばれる僧 […]

事例: PCI後、急性心筋梗塞後の冠動脈バイパス手術

Pocket冠動脈バイパス手術(CABG)の良さがあらためて認識されつつあります。 このことは昨年改訂された日本循環器学会のガイドラインが物語るところです。 3枝病変や左主幹部病変で複雑な病変があるケースはCABGが第一 […]

SYNTAXトライアル、5年の結果がでました

PocketSYNTAXトライアル(研究)5年のデータがでました。ライプチヒのモーアMohr先生らがとりまとめて権威あるランセットLancet誌から発表されました。 このSYNTAX研究では欧米の85施設で冠動脈の3枝病 […]

事例: 数回のPCIのあと冠動脈バイパス手術の患者さん

Pocket狭心症、冠動脈狭窄症の治療はその重症度に応じて何段階かあります。 軽症なら食事、運動療法とお薬による治療、もっと重症になればカテーテルによる冠動脈形成術(PCI)、さらに重症になれば外科による冠動脈バイパス手 […]

冠動脈瘻(ろう)や冠動脈瘤に対するミックス手術 【2019年最新版】

Pocket最終更新日 2019年1月6日 . ◾️冠動脈瘻の手術 . 冠動静脈瘻、または冠動脈瘻あるいは冠動脈瘤の手術にはいくつかの大切なポイントがあります。 そもそもこの病気ではつぎの2つの問題点があります。 . 1 […]

冠動脈の治療、日本の新しいガイドライン

Pocket狭心症や心筋梗塞に代表される虚血性心疾患の治療の中で冠動脈の治療はその中心を占めます。 医学の歴史のなかではお薬などの内科的治療(保存的治療とも言います)から始まり、外科的治療つまり心臓手術でしっかり治せるよ […]

冠動脈バイパス手術のふしぎな力【2020年最新版】

Pocket 最終更新日 2020年3月11日 . ◼️天皇陛下のご選択 . 天皇陛下が冠動脈バイパス手術を受けられてから、この心臓手術は存在を認められ、国民的支持を頂いたような雰囲気があります。 それでは冠動脈バイパス […]

天皇陛下が冠動脈バイパス手術を受けられるわけは?

Pocket朝日新聞などの各種報道によれば天皇陛下が2月18日に冠動脈バイパス手術を受けられることになったとのことです。天皇陛下の一日も早いご全快を祈るものです。   私のこの心臓血管外科情報WEBにも多数の閲覧があり、 […]

冠動脈バイパス手術の良さ―SYNTAX研究4年目の結果

Pocket冠動脈バイパス手術と 薬剤溶出性ステントDESによるPCI(カテーテル治療)の どちらがどう良いかという大規模前向き研究であるSYNTAXトライアルの 満4年のデータが先日の欧州心臓胸部外科学会EACTS(リ […]

機能性僧帽弁閉鎖不全症とは?――心臓のパワー確保がたいせつ 【2020年最新版】

Pocket最終更新日 2020年2月20日 . ◾️まず機能性僧帽弁閉鎖不全症とは? . 機能性僧帽弁閉鎖不全症とは、僧帽弁そのものは壊れていないのに左室がパワーダウンして形がゆがむために僧帽弁まで歪んで逆流が発生する […]